« ニゲラ(クロタネソウ) | トップページ | 花だよりが続きます! »

馬の話 牛の話

実家には私が生まれた時は牛と馬がいた。一時期は豚もいたかもしれない。鶏もいたなぁ。子供のころは父親が馬車曳きをやっていた。切った木を山から運こび出す仕事だ。昔は機械がなかったから、馬は大事にされていた。馬は畑に行くのにも馬車を曳いて農機具や人も運んだ。牛が車を曳く家もあった。

父親は大きい男ではなかったけど馬に乗るのは上手だったのだろう。裸馬にも乗っていたし・・・。馬の目は大きくて賢そうな可愛い目だ。牛だってそう、大きな、くるっとした目だ。おおよその農家にはメス牛がいて、人工授精で子牛を産ませてある程度まで育てて競り市に出す。

亭主の実家では今でも牛を育てている。今回の宮崎県の口蹄疫の流行は他人ごとではない。まだ感染したという連絡は来ないけれど、明日は我が身かと不安な毎日を送っていることだろう。

育成牛に力を入れていて、飛騨牛を買いに来たことがあった。飛騨牛と宮崎ブランドの牛の掛け合わせが成功していい牛に育ったようだった。農家の宮崎牛への思いは並々ならぬものがあると思う。そんな大事な牛たちを病気が襲っている。畜産農家の人たちの思いは・・・

東国原知事のブログは4月20日から連日口蹄疫の話になっている。もう一か月も経つのに感染は拡大している。今日5月17日は非常事態と題して書いてある。東国原知事の苦悩は計り知れない。

また、彫刻家の田中等氏のブログ 彫刻家のつれづれ日記 には国道10号線に消毒マットが敷かれてあったと・・・も。

名古屋から宮崎を応援することは出来ないのだろうか? 宮崎産の野菜などを積極的に買うくらいなのだろうか。

口蹄疫が一日でも早く終息することを願っている。

写真は田中等氏のブログから・・・ 日向市砂の造形大会 で 宮崎を応援する牛の像!

宮日新聞の関連記事ははこちらから

1274001054hyuugasunazoukei

« ニゲラ(クロタネソウ) | トップページ | 花だよりが続きます! »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~いっこうに収束しない口蹄疫に知事も必至のようですが
収まるまる気配がありません。このままだとほんとに宮崎ブランドの牛肉は無くなる可能性大です。

昨日の伊勢ヶ浜カメラも充電して行きたかったのですが色々する事があって残念でした。

 なんだか、大変なことになっているみたいですね。牛だけでなく、蹄のある動物は移ると言ってましたが、そちらも心配ですね。

 松坂牛も宮崎から来るそうですね。4割だとか。但馬牛が松坂牛にという話は聞いたことがありましたが、宮崎牛は知りませんでした。

 テレビで、政府の対応を非難してました。遅すぎるって。赤松農政大臣が外遊してたからって言ってたけど、20日発覚して、外遊は30日からだったみたいですね。鳩山総理は努力するって言われましたが、なんだか、努力だけではなく、成果をあげなきゃ意味ないんだけど…って、独り言を言ってました。

 祖父の実家が農家で、コメ作りが主なので、また、少し違うでしょうが、天候に左右されたり、虫が大量に発生したり、自然が相手だと、思いもかけないことが起こり、収入にも影響が出てきてたようなので、本当に、大変だなと思います。なんとか、この状況を乗り切ってほしいですね。

口蹄疫の感染日本の問題になってきましたね。

今日は朝日新聞に児湯郡の地図が赤や青の丸で囲ってありました。行ったことのある土地で、知った人の牛も処分されるのかと身近に感じています。
一時も早く終息してほしいですね。

松坂牛は 宮崎産の子牛に飼料の他にビールなど飲ませて肉質をよくしていると聞いたことがあります。
宮崎から牛が居なくなってしまうのではというほどの牛の殺処分が決まりましたね。
手塩にかけてきた畜産農家の人の心情は諮りがたいものがあります。

今年の天候不順は園芸作物にも影響が大きかったですね。ハウス園芸だから大丈夫かと思っていたら、日照不足で花の付が悪かったそうです。

いろんなところで募金もはじまったようです。微力ながら協力したいと思います。

こんばんは。ご無沙汰しています。宮崎県の話題である口蹄疫の感染拡大は広がる一方で、ついに木城
でも発生が確認されました。畜産農家の方はもちろん、関係者の苦悩は増すばかりです。

 行政だけでなく、消防団など地域の方々も協力して、一刻も早く収まるために尽力しています。

 よだきぼママさんも故郷の様子について、気を
もんでいることと思います。町のホームページに
も、口蹄疫のことを少し触れているので、参考に
覗いて下さい。

 私も微力ながら、消毒作業等、出来る限りの協
力をしていこうと思います。

 お忙しいとは思いますが、健康にはご留意下さい。

こんばんは
お久し振りですね。ボランティアさんも手伝って下さっているのですね。ありがたいお話です。

今日のニュースは知っている所だったのでついにここまで来たかと思いました。

畜産農家の方が不眠不休だとひむか男さんも大変でしょうね。ご自分の健康も大事にしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/48386216

この記事へのトラックバック一覧です: 馬の話 牛の話:

« ニゲラ(クロタネソウ) | トップページ | 花だよりが続きます! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ