« 壬申の乱ウォーク 多度大社 | トップページ | 壬申の乱ウォーク多度の続き »

壬申の乱ウォーク 桑名・多度の道

第17回壬申の乱ウォーク 桑名多度の道コース 昨日の続きです。
コース 多度駅~かしらこ塚~尾津神社~宇賀神社~油井城跡~愛宕社~多度大社(解散)~多度駅 

Photo012

の約5キロのコースです。途中に上り坂があるのでちょうどいいコースだと思います。案内状の宛名は毛筆の達筆で書いてあり感激したのですが、右上には電車の時刻表までもあってこの会の心配りに脱帽です。

まずは尾津神社に向かいます。その後、かしらこ塚へ。ピアゴの横の小さな公園の一角に石碑があります。説明してくださるのは桑名市教育委員会のお方です。平安時代の富津二郎維綱一族を祀ったものらしい。

_mg_2612

次に二つ目の尾津神社へ。延喜式神社とあるが実際はどちらかわからないとも。ヤマトタケル伝承の地とかで歌碑がありました。

_mg_2615

尾津神社の次は猿が目撃されたという宇賀神社です。ここから少し上りですが、ゆっくり歩いてくださるので楽勝です。山々の緑が美しかったですね。緑色の多彩さがいいですね。それに境内の大きな檜が歴史を物語ります。樹齢は不明です。

_mg_2620

近くにある油井遺跡出土からは日本で最初に発見された木簡があります。木簡の実物大のカラー写真を見せてもらいました。全長20.0cm 幅2.4cm 厚さ0.5cm。材質は檜だそうで「櫻樹郷安頭守部穎代籾一石□五百□<」と書いてあるそうです。□は不明

油井遺跡はここから先にあるそうですが今回は行きませんでした。宇賀神社の本殿横には古墳があります。宇賀神社の東側の道路から周りが見渡せます。古代は大垣までが海だった。そのあと海水の減少、あるいは川が運んだ砂などによって多度が海岸線になったとか。そして江戸時代になると桑名が海岸線になり七里の渡しになるのです・・・と。

聖武天皇がここに来た時、多度は陸にも海にも繋がる交通の要所だったのですね。その後は油井城跡に行きました。

油井城跡は平山城です。梶田佐馬助、梶田刑部丞が居城したが、後に西松要人が居城した。元亀2年(1571)、織田信長の家臣・柴田勝家、氏家ト全に攻められ落城した。この時代の城には天守はありません。石垣もありません。自然の地形を利用し、土塁を作りました。

_mg_2624

現在私有地で中に入ることはできませんが、信長の時代の城跡は興味深いです。落城した後西松氏は庄屋になり、受け継がれているようです。子孫が住んでいるという大きな家の前を通りました。

ここから愛宕神社までが上り坂です。途中に珍しい植物でもないかしらと思いながら歩きましたがなかったですね。途中に大きなアマガエル色の蛙がいました。モリオアガエルという声が聞こえました。近くの草に泡があってこれが卵だろうかと思いました。さてどうなんでしょう。モリアオガエルは高い木の枝に卵を生むんじゃなかったかな・・・。

ミツバチの箱も置いてありました。

_mg_2630

愛宕神社に着きました。少し休憩して山を下ってすぐに愛宕中世墓群らしきところを通り、多度大社へ向かいました。椎の木の花がきれいでした。ツツジが咲いてました。ミツバツツジではないようです。友達に聞いたら、葉がくっつく?と聞くのです。ウン と答えると岩ツツジでしょうと。なるほど!かわいらしいピンクの花が咲いていました。

_mg_2642

_mg_2643

多度大社は上げ馬神事が終わったばかりです。今年は6頭が無事崖を駆け上ったようです。豊作ですね。多度大社本殿まで行きました。すぐ脇に滝がありました。マイナスイオンが飛び交っているでしょう。戻って来て神馬の白馬にニンジンをあげました。100円でした。触ろうとしたら顔をそむけましたが人参だけは最後まで食べました。友達は怖がっていましたが、子供頃は家に馬がいたので怖くないので手で食べさせました。綺麗な大きな目でした。

12時少し前、ここで解散です。さぁてお昼ごはんはどこで食べようか。鯉こくが名物とか。食べてみたいなぁ。

« 壬申の乱ウォーク 多度大社 | トップページ | 壬申の乱ウォーク多度の続き »

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/48314191

この記事へのトラックバック一覧です: 壬申の乱ウォーク 桑名・多度の道:

« 壬申の乱ウォーク 多度大社 | トップページ | 壬申の乱ウォーク多度の続き »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ