« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

大高城址公園で狸さんに会いました!

朝から曇り空、晴れたらカワセミに会いに行こうと思っていたんだけどパッとしないのでお預け・・・晴れたらシャッター速度を上げても明るい写真が撮れるけど今日は無理かもと思いやめた。

今年はまだモズにも会ってないので近場に撮影を兼ねて散歩に行く。出かけに携帯電話のアプリRun&walkを起動させる。熊野古道の整備の募金活動に参加できる。1km歩いて1円の募金。

水鳥がいくらか来ているが数は少ない。大高川をさかのぼるが、ヒヨドリの大きな鳴き声やカラス、雀、ハクセキレイなどよく見かける鳥ばかり。

Img_1268s

紅葉もまだだし、と歩いて行くとユッカが咲いていた。1枚と撮ろうと思うがアングルがいまいちかな?

大高城の城下町を歩いて行くと柿がなっているところが多い。そこには雀がいるだけ・・・

猫さんにはよく会いましたね。

Img_1271

城址にも渡り鳥の姿は見えませんね。仕方ないなぁ・・・収穫がないので城跡を通りぬけて春光院の方へ行こうとすると、おやおや見慣れない獣がフェンスの前にいました。

Img_1274

近づこうとすると逃げてしまいました。あらあらちょうどいいところにいたのにね。と思っていると逃げたのではなくてフェンスの向こう側に行ったのでした。

Img_1275

じっと見ています。こちらもじっと見たので、目が合いましたが逃げる気配はありません。フェンスが邪魔だけどシャッターチャンスです。

Img_1277

Img_1279s

Img_12791

Tanuki1

こうやってトリミングしてみると可愛い顔ですね。たぬきさんは人に懐いて餌とか食べるそうだけど餌をあげたくなる人の気持ち分かります。かわいい!

このあと春光院の前を通ってお氷上さんへの看板を見たので歩きます。柿を収穫しているおばあさんがいたので柿が欲しかったけど、お金を持ってなかったので諦めて歩きました。他の柿畑にはカラスの群れ・・・

が、、動きません。あれ・・・ああカラスの脅しにカラスのはく製が下げてあるのでした。田舎でもよくやっていました。カラスには効果があるのです。柿の実はいっぱい実をつけていました。家の柿は裏年かと思うほどなっていないのに、農家の柿は豊作のようです。

Img_1283

猫さんには会いましたが、

Img_1284

渡り鳥には会えません。お氷上さんの前から引き返して帰って来ました。大高にはいくつかの酒蔵がありますがこちらもそうです。昔の建物のようでいい雰囲気です。

Img_1293

堤防の上におなじみの黒猫さんミミちゃんが遊んでいました。

Img_1294

熊野古道に募金出来たのは3円でした。

加藤松雄 個展

Dscf1815s

加藤氏に案内状をいただいたのはずっと前なのに、尾張が近くなったのでこれはいかんと出掛けたのは雨の降る、寒い木曜日でした。

地下鉄丸の内駅7番出口からと案内のあったので素直に7番から出たのに、フラフラと友達とおしゃべりしながら迷い道。地下鉄から出ると東西南北が分からなくて・・・

でも友達は分かっていたようで助かりました。でもギャラリーが分からない。えっ おかしいね。絶対この辺りだよねと地図を見てきたよだきぼママですがわかりません。

そうだ名古屋造形大学の学長さんのブログに書いてあったなぁと携帯電話でネット検索しました。ギャラリーの名前がわかったので、郵便局でギャラリーの名前を言って尋ねてみますが、番地が分からないとと・・・

イヤー困りました。冷たい雨が降っています。今度はウエストベストギャラリー・コヅカで検索しました。このギャラリーで展示される人は多いらしく、個展をやったというブログ等は見つかりますが、子ギャラリーのホームページにたどり着くのにやっとかかりましたが、住所がわかりました。もう一度郵便局へ行って聞きました。局員さんはいな顔もせずに親切に教えてくださいました。感謝です。

で、行ってみたけど開いてません。休みなら困るなぁと思いながら電話してみました。「加藤松雄さんの個展を見に来たのですが・・・お休みですか」と。12時からだと教えてくださいました。よかった休みじゃなかった。12時まで時間があるのでランチを食べました。入った喫茶店の真向かいにある和食屋さんに人がいっぱい入って行きます。ついには雨に中、外で待つ人も出ました。今度ここに来たらあの店に入ろうねとか話しながらコーヒーもいただいたので会場へ向かいました。

おーおー 加藤先生の商品が迎えてくれます。肝心の先生は先客さんとお話中でした。話が途切れないので仕方なくご挨拶。喜んで迎えてくださいました。

Dscf1823seneitos

この絵を見て短冊が並んでいるだけと思っては思考が足りません。この絵は奥が深いのです。写真では中々わかりませんが、最後に塗ったという青い窓から奥にクレージーな世界が、運動が見えるのです。

話が熱くて退屈しません。人生観も語っていただきました。75歳になられるそうです。お元気です。

Dscf1827s

Dscf1825s

会場が狭いのでが残念です。去年の豊田市美術館の個展の様子はこちらです。

猫も年には勝てない・・・

我が家グレムリンこの9月に14歳になりました.。四bぽう接種が終わりやれやれと思っていたら歯肉炎が再発、痛そうです。

痛くて餌も食べていないようなので柔らかい缶詰をお願いしました。結構高額な餌になります。こちらも腎臓サポートの餌です。缶詰が届いたと連絡があったので診察が寺病院に行ってきました。

で・・・・・

ショック!

丁寧に女医さんが説明してくれましたが、抜歯が一番いいらしいのです。14歳のグレムリン。麻酔によるリスクも高いのですが、痛み止めを続けていくと効き目がなくなることもあるそうなのです。抜歯すると餌が食べられなくなると思うかもしれませんが、痛みがなくなるので食べれるようにいなりますと。

うーーーん

グレムリン!!

ゆきと同じ年まで生きるとしてもまだ3年もあるしね。

頑張って抜く?

ねぇーグレムリン!!

歯科処置・・・・歯石除去・再診療・血液検査・麻酔・留置処置料・レントゲン・内容薬・ノミ駆除剤・抜歯料金(1本ー¥1575)・粘膜フラップ(抜歯した歯の穴を口腔粘膜でふたをする 1か所 ¥2100)など

3本抜くのがいいでしょうというので3万円くらいかかるでしょうと。(>_<)

まぁこれでグレムリンが楽になるのなら仕方ないでしょう!

うちの亭主も先日歯茎が痛くて奥歯を抜いたばっかしです。猫も人も同じですね。年を取りました。

今日のグレムリンは食事は取りますが、歯が気になるというか、歯に挟まるのか中々です。缶詰は美味しく食べています。

タマが一緒に寝ようとしていますが、グレは迷惑そうですね。

Dscf1835

渡り鳥哀れ ノゴマ

昨日の朝ベランダに多数の羽が落ちていた。よく見てみると小鳥が1羽転がっていた。野良の攻撃に遭ったのか?可哀そうなことになった。

見たことのないきれいな鳥だった。ネットの野鳥図鑑で調べてみた。中々見つからない。喉がオレンジ色の雀くらいの秋に見る鳥で検索。見つかった、野駒(ノゴマ)だった。が、初めての鳥しんでいるのでじっくり観察した。

Dscf1801

ノゴマ

日本では夏季に北海道に繁殖のために飛来(夏鳥)する。岩手県早池峰山でも繁殖例がある。本州以南では渡りの途中に飛来(旅鳥)する。南西諸島では少数が越冬(冬鳥)する。
ノゴマはスズメよりも一回り大きい小型のツグミの仲間で、体全体は地味な褐色をしていますが、目の上とくちばしの近くに白い線があり、のどはとても鮮やかな赤い色をしていて目立ちます。

Dscf1803

Dscf1805

ということのようです。ではこの個体も北海道からはるばる飛んできたところを猫に・・・つかれて弱っていたのだろうか?でもベランダで休むののもいかがなものか?気の毒fだったなぁ。

中日ドラゴンズと大高緑地イベント

ドラゴンズの昨日試合、千発が山本昌でしたね。2006年もピッチャー山本昌の応援をこちらに書いています。山本昌が投げて・・・何とか0点に抑え継投で最後の最後に逆転勝ちでしたね。

見ている方もハラハラしました。先取点を取ったのに9回で追いつかれ、大丈夫かな。テレビを消したいような見ていたいような気持でしたね。9回裏に和田がさよなら安打で決めた!!

大高緑地では桶狭間から450年名古屋城開府400年のお祭りをやっていました。人が沢山いました。こんない騒がしいと野鳥もゆっくり出来ないかな。

はちまると猩々に会いましたよ。

Dscf1764

猩々は北は堀田から鳴海を通り有松、豊明まで一方、東海市まであったそうです。会場には10人?の猩々が来ていました。こどもの猩々に入るという子供たちが列を作っていました。係りの人は女の子の方が多いなぁと。猩々に入ると性格が変わるんだよとも。

Dscf1768

Dscf1769

子供たちは猩々に入って走り回っていました。

Dscf1771

ドラゴンズのマスコットのドアラも来ているとよかったのになぁ。

Dscf1766

市営バスには子供たちが絵を描いていました。楽しそうでした。

ぎょ!何でぇ~

ブルーボネットで楽しい思いをしたよだきぼママはぼんやりっこさんの家に置いておいたケッターマシンに乗って帰ろうとしたら・・・前の輪っぱが・・・えっうっそーでしょ。ぺちゃんこでした。パンク???

行きつけの自転車屋さんに取りに来てもらおうと思って電話したら定休日で誰もおらんよとおじいさんの声。今日は無理だけど明日なら取りに行ってあげるよと。明日か?いやいや今日がいいなぁ。次の日も予定がいっぱいあるし・・・

というわけでぼんやりっこさんが学区の名簿から自転車屋さんを捜してくれたり、近くの喫茶店に聞いてくれたり。夕方4時いくらいだかった。忙しい時間帯に迷惑をかけてしまった。

喫茶店のママさんに聞いた近くの自転車屋さんに向かって歩きました。が、じゃじゃじゃ~ん自転車屋さんお休みです。はてはてここまで来たら次の自転車屋さんまで行くっきゃないかと住宅街を自転車を押して歩きます。そして図書館近くの杉野自転車さんに着きました。今度は開いていました。胸をなでおろすよだきぼママでした。

自転車屋さん店主が変わって若返っているような気がするので聞いてみたら、前の店主はお兄さんで2年前に亡くなって変わったと。休みだった自転車屋さんも80代になるとか、街の自転車屋さんも高齢になりましたね。やめられるところも多く不便になりました。

パンクを見てもらおうとよく見ると、画びょうが刺さっていました。手際のいい、杉本自転車さん、何年も使ってなかったライトも見てもらって1200円。助かりました。

Dscf1773

Dscf1788

ハロウィンとワイルドフラワ―ガーデン

このところはっきりしない天気が続いている。雨が降りそうで降らないので花の水やりは欠かせない。植え替えも随分進んだ。今年もカナブンの幼虫がかなりいた。小軍鶏()コシャモにやったら奪い合って食べた。ヒナも凄い勢いで食べに来る。食べものだと何故わかるんだろう。本能って素晴らしいかも。

暑い夏は終わって涼しくなってきたので、かねてより誘っていただいていた名古屋港のワイルドフラワーガーデン ブルーボネットにぼんやりっこさんと行ってきました。

まずは海を見ながらお弁当です。名古屋港の海は風も吹いてなかったのでとても穏やかです。砕ける波はありません。魚を釣っている人もありませんでしたね。

渡り鳥の姿も見えず、鵜が何羽かいたくらいかな。いやいやいました。あれは何でしょうか?鷹とかの猛禽類かも。空中から水面を狙って急降下して潜って魚を捕まえていました。降りて食べるのかなぁと思って見てましたが、空中で飛びながらの食事だったような気がします。凄いね・・・器用に捕まえて器用に食べるんだねと二人で感心しました。

そんな景色を見ながら、ゆっくりお弁当を食べてのんびりしました。家事に束縛されないゆったりした時間を忘れていました。

ブルーボネットは中部電力が造った入園料が300円の小規模フラワーガーデンです。海の記念日とクリスマスイヴには名古屋港の花火を見るには絶好の場所です。

ここが入口

Dscf1600

ハロウィンの飾り付けがいたるところにあります。

Dscf1615

Dscf1616

Dscf1617

Dscf1619

Dscf1618

Dscf1625

どれもこれも楽しい!! 猫とハロウィンってどんな関係?おやおや猫さんがいますよ!花の根元に顔を突っ込む(=^・^=)さんです。 それも三毛猫。もしかして探偵猫ホームズかな!

Dscf1621

Dscf1624

Dscf1601

寄せ植えのアーチは写真が撮れるようになっていました。老夫婦の奥さまを旦那さんがパチリ。奥さまは鐘を鳴らしたりして楽しそうでした。

Dscf1604

ワイルドフラワーガーデンです。コスモス・ジニア・大きな百日草・マリーゴールド。千日紅・黄花コスモスなど所狭しと咲いていました。今が見ごろでしょうか?

Dscf1605

Dscf1606

Dscf1607 

アメジストセージ(別名(サルビア・レウカンサ、メキシカンブッシュセージ)

Dscf1608

↑紅葉始めたハナミズキ

↓コスモスも種類が多かった。八重の花も良かった。

Dscf1609

Dscf1628

Dscf1629

Dscf1612

ススキも花が咲いていました。パンパスグラスも大きい株に・・・家には植えれないけど植えてみたいような!宮崎は国道10号線に植えてあって初めて見たといは感激したなぁ。

Dscf1627

Dscf1620

Dscf1622

ゆっくり回っても2時間くらいでしょうか?平日は売店が休みで残念でした。ブルーボネットにしかないソフトクリーム食べたかったなぁ。

ぼんやりっこさんととりとめのない話で盛り上がり・・・特にぼんやりっこさんの愉快な旦那さんのこと・・・悪口ではなくて楽しい話も良かったわぁ。2人ともいい気分で帰りのバスに乗りました。

が・・・突然事件は起こるのです。続く!

エンジェルトランペット

今年初めてのエンジェルトランペットが咲きました。枝が伸びるたびに畑が(花壇はいつの間にか畑になりました)影になるからと切っていたのです。

それでも畑の作物は中々育ちませんでした。暑い暑い名古屋の夏だったからかなと思いますが、もうひとつ理由がありました。

それはいつも庭に亭主の車が止まっているからでしょう。車の車体から熱い熱が出ますし、風が通りません。蒸れ蒸れの畑でした。

やっと咲いたエンジェルトランペットは一晩に40もの花を付けました。見事に咲いて夕方からいい香りを放っておりました。スズメガを呼んで受粉したのでしょうか?

Dscf1581

Dscf1590

Dscf1599

Dscf1592

大池公園探鳥会

10月17日(日)曇り。

朝のうちは雲が多かった。10月の氷上姉子神社の探鳥会に行けなかった(馬篭宿から妻籠宿のウォーキング)ので、氷上姉子神社と同じ顔ぶれの東海市の大池公園の探鳥会へ。

少し遠いので連れ合いに声をかけると行ってもいいと。車で行けば楽ちん。自転車で行くと30分はかかるから。東海市役所のテニスコート前が集合場所。みんな集まり始めている。連れ合い「俺は一緒には歩かんぞ」と。車の中で寝ているとか、いったん帰って12時の終わる頃に来るわとか・・・それはそれでいいけれど、なんで来るって言ったんだろうか??

参加メンバー8人。代表曰く、先回のお氷上さんも鳥はいなかった、今日も歩いてみたけどダメみたいだと。

が、歩き始めてすぐに、エゾビタキ、メジロ、ジョウビタキのメスが現れる。

Img_1219

一人はムシクイも見たという。エゾビタキで盛り上がる。大高緑地でも見た、エゾビタキ、たくさん渡って来ているのかな。

Img_1225

次に池の所の桜の枝に、シジュウカラ、ヤマガラ。ヤマガラは3~5羽が目の前を飛んでいる。近すぎて望遠レンズがいらないくらい。こんなに綺麗な鳥が、人を恐れないのに興奮した。が、動きが速いのと、近すぎてピントが合わない。でも肉眼ではじっくり観察できた。

Img_1227

Img_1231

Img_1232

コゲラもいました。目の前の桜の木をつついています。

Img_1235 

後は鳥のお姿はあまり見えなかった。池の中のカルガモ数羽とマガモ1羽、翼を痛めて飛べないキンクロハジロ1羽。

Img_1237

カワウも1羽。

池の周りをぐるっと回って行く。いつもこのあたりにゴイサギがいるんだけど今日はいないなぁと代表らが話していたらいました。

Img_1239

池の周りの遊歩道の真上のカクレミノの茂った中に。見上げて観察です。あまり近づくと爆弾が落ちてきそうです。

しばらく楽しみました。通行人も上を見上げて大きい鳥だねと。でも自慢の後頭の白い羽毛は見えない。先日見た大高川のゴイサギはこちら

薮の中ではカワラヒワの姿が見え隠れしている。二人の人は、ヒヨドリサイズの鳥がいると。どうやらイカルではないかと。集団で池の上空を飛んでいるようだと。集団で飛んでるのが不思議だという人もあったが、イカルで落ち着く。

キセキレイも2羽飛んでいるが止まらないので写真に撮れない。みんな元気な鳥たちだ。

・・・と近寄ってくるのはいったん帰ったはずの連れ合い。ジバチを追いかけている人に会ったので、蜂の巣を探していて、蜂の巣をいくつか見つけたと言ってきたのだ。都会にいる黄色スズメバチの巣が2つと小型スズメバチ(いわゆるジバチ)の巣が見つかったと。

人がいっぱい遊んでそうな。ツツジの植え込みの中らしい。親蜂がかなりいたとか。怖い話である。

探鳥会は続きます。キセキレイのあとは中々鳥は現れません。カルガモが数羽遊んではいますが。

おじさんの会員さんがここ辺りにカワセミがいるんだよ。というと、それらしき鳥が飛びました。が、鳴き声が聞こえません。いつもチィーと鳴きながら飛ぶカワセミ。はっきり確認出来ませんが、飛び方からいったらカワセミに違いありません。

自然観察をするグループとすれ違う。椎の実を拾っている。小さいけどいっぱいの椎の実が落ちている。

池の周り、先ほどのカワセミを見かけた反対側の岸に来ています。探鳥会も終盤に入ります。相変わらず鳥の姿はありません。途中にヒラタケという白いキノコを取った人もありました。食べられるキノコです。

今日はカワセミが見れんかったねと・・・・彼女が来たぞーと話しかけると飛んでくるぞーとおじさんが言いますから、試しにカワセミ会いに来たぞーと言ってみる。まさかそれで来るとは思わなかったんだけど来たんです。先ほど見かけた池の方から、水面すれすれに飛んでくるカワセミ。確認出来たのは、そこに居合わせたグループ外の人2人と、私たち3人だけです。止まらなかったので写真はありません。

最後の鳥合わせでは、雀、ハシボソカラスなどと一緒に22種の鳥を見た、あるいは声を聞いたと。声だけでわかると探鳥会はもっとおもしろいだろうなぁとおもいます。ニンテンドーDSに野鳥のソフトを入れて来て、声と姿を見せてくれた人もありました。DS持ってないからなぁ・・・・

いないはずの鳥にたくさん出会えて楽しい探鳥会になりました。連れ合いもスズメ蜂の巣を見つけて楽ししそうでした。

愛知トリエンナーレ2010  「生きる」

Dscf1547

会場入り口に設置された石彫。太陽のもとで見るのもいいけど、淡い光は雰囲気が違っていい感じ。

Dscf1548

舞台にも作品が並んでいた。ピアノの横にお似合いの像。この横にも素敵な石像があったのだけど見られないほどピントが合ってなくて・・・。(泣)

Dscf1551

Dscf1552

お客さんが話している。この作品の二人は夫婦かな。かわいいまん丸ちゃんは子供だろうか?いいわね!

Dscf1553 

Dscf1558

この元CBCのアナウンサーは自分が目立っている。気が利かないったら・・・舞台右の隅っこでずっとこの位置関係だった。

Dscf1560

尾崎真実さんの制作風景。水は使ってはいけないなどいろんな規制の中の制作は大変だったようだ。

Dscf1564

Dscf1566

こちらは弟さんの彫刻家の尾崎氏。製作時間は限られているし、規制もあるのである程度は準備されたようだった。とっても素敵だった。こんな大きな彫刻家の絵を見るのは初めてだった。絵を描いてもやっぱり尾崎ワールド。

残念だけど画像はここまで。名古屋芸術大学の学生さんの絵もよかったのに写真はなし。これも残念だった。

隣のおじさんだけでなく他の人まで携帯電話で写真を取り始め・・・再度カメラは禁止ですと。

なぜ尾崎姉弟が選ばれたのかと思っていたが、コーラスの歌詞をじっくり読んでみたらよくわかった。納得の人選だろう。

合唱の一曲

生きる 谷川俊太郎

空に樹にひとに
私は自らを投げかける
やがて世界の豊かさそのものとなるために

・・・・・・私はひとを呼ぶ
すると世界がふり向く
そして私がいなくなる

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ
やがて世界の豊かさそのものとなるために

空に樹にひとに
私は自らを投げかける
やがて世界の豊かさそのものとなるために

合唱音楽と美術の共演

受付が早かったのか招待券の席は1階1列12番。係りの人に聞いたら美術家の前の席ですと・・・え~っ 前過ぎないかな!

まずは、合唱から
鷹来女声コーラス・エッレの「空に、樹に・・・」から生きる 「民話」より でんせつ

次の女声コーラス「茜」からの合間合間に尾崎真実さんの製作開始です。合間合間というのが短時間のつながりで制作するのに気の毒でした。お隣の席の人も同じ意見でしたね。隣の席の人は城戸わこ氏の絵画教室の生徒さんでした。

女声コーラス「茜」 ピアノ 伊東知江子 「野崎雨情名歌集」から 第1章 数え唄 七つの子~十五夜お月さん~四丁目の犬
第2章 青い目の人形~赤い靴

キンダ―コール鳩笛の会 かんかんかくれんぼ 烏かもねん勘三郎 一番星見つけた ほたるこい かっこう 野ばら

混声合唱団NAGOYA歌(なごやか) 「きょうりゅうたちの地球」から おやすみ くまちゃん ハッピー バースディ トゥ ユウ  夢の話 ひつじちゃんもおやすみ もうじき冬が きょうだいげんか

合間合間に真美さんの製作が続きます。

コール・フロイデ ピアノ山田郁子 「美しい訣れの朝」から お母さん 赤い風船

ここでまとまった時間に美術の製作です。

尾崎真実 尾崎 慎 岩田萌花 永島 愛 増田有香 町田季実子

美術の人たちが描いているのは立ち上がって観ていいですよ。彫刻には触らないでくださいとも声がかかる。触れない石彫か・・・製作者の意志ではないだろうなぁ。

このあと休憩

尾崎真実さんをマナーモードで写していたら、隣席の男性が音あり、光ありで撮影された。おーい おじさん デジカメは携帯電話でないいんだからマナーモードに出来るよと思った。困ったなぁと思っていたらすぐに、カメラは禁止ですと声がかかる。

混声合唱演奏 「夏の風」 この朝は 夏 送り火 老いた木の歌

ここからの美術家の城戸わこさんのパフォーマンスは歌っているときに描きます。それは見事というかあっぱれというか・・・白無垢の着物を五つも並べて描いて行くもの。げんきがいいわぁ。見ていて気持ちがいい!絵は好きでも嫌いでもないが動きがあって楽しい!

Dscf1571 

城戸わこ氏は愛・地球博 上海万博 現在名古屋市で行われているCOP10のポスターも描かれたそうだ。城戸さん自身の顔に覚えがある。テレビで拝見したのかな!

最後は女性混合演奏 「新しいわたしへ」 いま始まる新しいいま 海になりたい

拍手喝采の中終わる、指揮者の矢野としゑ氏は五つのグループをまとめるのに苦労されたそうだ、最後の挨拶の時のうるんだ目が印象的だった。

尾崎さんの控室を訪ねるといいのだろうが手ぶらじゃと思いやめた。久しぶりの夜の外出、朝早いのも手伝って疲れた。外は冷えていた。役目を終えようとしているテレビ塔が美しかった。緑色はCOP10の色だろうか?

Dscf1572

作品 へちま

作品 へちま
ぎょ! どうやってこうなったんだろう。バカデカイ。大きさに乾杯かな!

愛知トリエンナーレ

愛知トリエンナーレ
愛知県芸術劇場コンサートホール前で開場を待っています。合唱音楽と美術の共演に招待していただきました。楽しみです。

妻籠宿と栗ソフト

Dscf1524

石仏好きです。馬篭から妻籠までの道のりにいくつもの石仏がありましたが、無事を祈って旅をしなければならないほど険しい道だったのでしょうね。私は7キロくらいを歩くのにはぁはぁ言っていますが、昔の人は全行程を歩いたのですものね。偉いなぁとつくづく思いますね。

Dscf1526

Dscf1527

Dscf1532 

Dscf1528

Dscf1529

妻籠発電所の建物はシックな色づかいで素敵でした。岐阜県にありますが中部電力ではありません。なぜでしょう?ずっと前に行った南木曽の桃介記念館で聞いたような気がしますが、不確かなので書けません。(苦笑)

Dscf1530

Dscf1533 

Dscf1535

観光案内所です。いい感じです。妻籠宿。渓谷と山に挟まれた妻籠宿はたくさんの建物が並んでいます。宿屋、薬屋など一軒づつ覗いてみたいけど疲れたし、時間もあまり残っていません。

最後は栗ソフト300円です。

Dscf1542

中津川は栗の3大産地の一つです。栗きんとんはとくに有名ですが、今回は栗ソフトを食べました。栗の香りと味がしてさっぱりと美味しいですね。他の人もどこで買ったのと言いながら皆で食べました。あー美味しいね!!と。

10月とは思えない暑さに疲れました。帰りのバスから見た電光表示板は28度でした。3時くらいだったと思います。

妻籠から帰って3日目、やっと足の疲れも取れました。今度はどこを歩きましょう?

PS この企画は星崎診療所 地球一周ウォーク 参加費 お弁当付き3.980円でした。次回のウォーキングは12月だそうです。

足がいたいよー

今日はテニスの日。でも夕べからふくらはぎが痛くなって階段を上り下りするのが辛かったのです。今朝起きた時も痛かった。でね・・・バイトは休めないから(急に言っても朝一の代わりの人はいないのです)から休めない。頑張って行ってきました。

立ち仕事ですが何とか頑張りました。平地なら痛みませんからね。使っていない筋肉を使っての坂の上り下りが効いているようです。

ただ、テニスは考えました。こちらは電話一本で休むことが出来ます。

バイトが終わって帰ると連れ合いがホームセンターに行くぞーと。昨日は伸びすぎたゴーヤが鳥小屋を覆っていてゲゲゲの家みたいだったのを片づけましたので、今度は果断に野菜を植える準備です。そのために買い物。牛フンと腐葉土とほうれん草とレタスの種を。レタスは苗を買おうと思っていたのですがいい苗はありませんでした。

別のホームセンターに苗はないかと行きましたがレタスはなし。消石灰だけ買いました。家の帰ると野菜の種蒔きの準備。

そしてテニスです。このころには痛みもだいぶ治まっていたのでルンルンとテニスへ。

走れました。まぁ平地ですからね。ふくらはぎも反乱をやめたみたいです。

2週続けてウォーキングに行ったけど、来週もいった方がいいかコーチに聞いたら、どこが痛むか聞いて、ふくらはぎならただの運動不足来週も行っていいですよ。今から鍛えて80歳までテニスに来て下さいって・・・ え~っ 80まで。まだ20年以上あるわぁ。そこまで出来たら最高だけど。

庭の花 上からホトトギス クジャクアスター

Img_1200

Img_1202

ルリマツリ  

Img_1128

Img_1132

Img_11261   

Img_1206

ご近所に咲いていたコンボルブルスブルーカーペット?

Img_1209

最後は白花のデュランタ

続 中山道妻籠宿まで・・・

お昼ご飯は男滝、女滝のところで食べようとい声がありそれはいいとまた歩き始めます。

Dscf1491

Dscf1492

Dscf1497 

ところがですよ、滝があるのはルートからだいぶ歩かなければならないとわかりました。ここにいるメンバーだけなら行ったかもですが。後から来る人と合流出来ないのは困るということになり、道端の空き地で食べることに。

おにぎり2個と海老フライなどの揚げ物③品、ウグイス豆の煮たのなどお腹いっぱいです。今回お弁当付きで3980円の超お値打ちな企画です。(^^♪ご飯を食べて元気に歩き始めます。残りは1時間弱です。

これは赤蕎麦?きれいに咲いていましたよ。それにミツバチなど虫も忙しそうに鼻を飛び回っていました。ただ写真はイマイチの出来です.<m(__)m>

Dscf1501

Dscf1499

Dscf1502 

Dscf1503

あとわずかになりました時間は1時04分。ここからは里山という感じです。

Dscf1504

Dscf1494

Dscf1505

Dscf1506

Dscf1512

まだ上り下りが続きます。

Dscf1513

Dscf1514

Dscf1516

Dscf1517

Dscf1518

Dscf1519 

Dscf1521

民家の軒先にナツメがありました。珍しいねと言いながら通りました。

Dscf1522

わぁー やっと着いたぞー と思ったのですがまだです。次にあったのはこんな道標です。

Dscf1523

あと0.8キロもあるのです。あぁ~あ・・・だいぶ疲れて来ました。

中山道の野の花たち

妻籠峠を越えると石畳の下り道が待っていました。前日の雨のせいかやんだから湧水なのか滑りそうな道を下って行きました。

Dscf1467

Dscf1468

アキノタムラソウ

Dscf1469

アキノキリンソウに怪しいキノコも。白くてとっても綺麗なキノコでした。

Dscf1472

Dscf1477

Dscf1483

残り3.9キロになりました。ここで12時すぎました。まだお昼をを食べていません。

Dscf1485

道中に6か所くらい熊よけの鐘がありました。

Dscf1486

終わりかけていましたが気になります。センニンソウではないような・・・

Dscf1489

あと3.6キロに・・・12時12分です。

Dscf1490

奥入瀬渓谷みたいなところも通ります。江戸時代に行き来した人々は大変だっただろうなぁと思いながら歩きます。まだお昼ごはんがまだですが今日はおしまい!

馬篭宿からいよいよ出発

Dscf1414

10時44分歩き始めました。いきなり上り坂 (;一_一) コスモスやホトトギスなどが迎えてくれます。妻籠宿まで7.6Km

Dscf1416

Dscf1422

Dscf1417

展望台にはこの地出身、父のことを書いた『夜明け前』で有名な島崎藤村の碑がありました。

Dscf1420

Dscf1421

シュウカイドウと白花ホトトギス 写真はいまいちだけど、花は奇麗でした。空気が違うし朝晩の気温が違うから花の色が鮮やかになるのでしょうか?10月に入っていますが気温はぐんぐん上がっているようです。

Dscf1424

11時4分坂を上ったり下ったりしながら進みます。

Dscf1425

Dscf1427

上の花はヒヨドリソウ 下は皆の目を引いたサラシナショウマ、薮に白い20cmもある花穂はよく目立っていました。

Dscf1432

Dscf1433

Dscf1434

石畳のある梨の坂では道祖神も迎えてくれます。

Dscf1441

ここで11時20分。中々進みませんが道標が嬉しいです。と言っても参加者80名、自分たちは12名もいるのですから道を間違えることはありません。そうそう道は妻籠宿に向かって一本道です。かって 和宮や篤姫が通った中山道を歩いているのはいいものです。

Dscf1445

十辺舎一九の碑がありました。東海道中膝栗毛は知っていましたが、中山道も歩いているんですね。『続 膝栗毛』なのですね。

Dscf1438

Dscf1448 

民家の軒先を通ってました。のどかな風景は和みますね。

Dscf1462

Dscf1463

Dscf1464

馬篭峠は11時36分 歩き始めてもうすぐ1時間。長野県に入りました。

長くなるので続きはまた明日!

馬籠宿からウォーキング

馬籠宿からウォーキング
中々行けなかった馬籠宿から妻籠宿に向かって歩きます。今恵那峡サービスエリアて休憩しました。中津川から馬籠宿に向かいます。

秋の山野草展

秋の山野草展が緑区役所で開かれていたので行って来た。生け花とか俳句など他の文化的な区民の発表会になっている。その関係か出品数は少ない。

Dscf1388

Dscf1390

ツリバナ

Dscf1391

Dscf1392

アメリカマユミ

Dscf1394

クロホシ? シラタマホシクサに対してクロホシと聞いたように思うが確かではない。

Dscf1395

ナツハゼ

Dscf1398

ヒメツルボ

Dscf1401

Dscf1402

Dscf1403

オケラ2種

暑い夏を乗り切るのは大変だっただろうと思うけど手入れの行きとどいた花たちだった。 暑い夏を引きずっているのか蕾も多かった。散歩道ではまだ彼岸花が咲いているし・・・

猫の予防接種

朝のうちは小振りだった雨もお昼ころから強く降っている。

夜勤の息子に頼んで午前中に動物病院に行く。グレムリンの予防接種です。2週間前にも病院に行ったけど、口臭があるし、ものが食べにくそうだったので診察と血液検査をした。

診察では歯肉炎が、血液検査では腎臓病が見つかった。まぁ元気もあって食欲もあるので腎臓は今のところ大丈夫でしょうと。

歯肉炎の注射と餌を腎臓サポートのドライフードに変えた。その甲斐あって口臭は消えて歯茎の赤みもとれた。5種混合の予防接種も難なくすんだ。よかったねグレムリン!これでまたしばらく元気でいられるよ。(^^♪

あっ グレムリンの写真がない。最近写してないかも。大事に思っている割にはこんなだから歯肉炎に気づくのも遅かったのかな。

Img_9854

7月25日のグレムリン??

と思っていたがあった。今朝・・・窓辺のグレムリン

9gureurin

金木犀と紅花ネムノ木

夕方から雨になるという。ならば今のうちにご近所を一回りすることにした。金木犀のいい香りが漂っているのでまずは公園でパシャ!聞くところによると先に咲くのはギンモクセイだとか・・・

Img_1137

ハハハ・・・ピンボケ! (;一_一) その近くの家の玄関先に可愛いネムノキ?打ち上げ花火のように綺麗。

Img_1139

ご近所には赤いネムノキもあったと思いついて出かけてみるが紅色でまだ蕾だった。

Img_1143

途中でよく懐いているブチもパシャ!大人しくて可愛いんだ!

101008butijpg

2階の窓から覗いているは・・・かなりの高齢と聞いているがまだ元気そうだね!

Neko 

堤防の下を歩いて行くと、綿の花と実が付いていた。堤防の下を耕しているおじさんが綿摘みをしたよ、懐かしいなぁと・・・

Img_1149

Img_1150 

気が早いボケの花。

Img_1151

新しいガス管は・・・

一週間前からご近所一帯のガス管工事に入ってる。古いガス管は腐食する恐れがあるから耐震性、耐腐食性に優れたポリエチレン管やポリエチレン被覆鋼管に換えるという。

それがこの黄色い管です。

Dscf1378

家の前を工事するときは車が出し入れできないので路駐してました。ちょうど息子の夜勤にかかったりしましたが今日で工事が終わるそうです。

Dscf1376

Dscf1377

私らは工事期間だけ、騒音に悩まされましたが工事している人は大変でしょうね。耳栓していると事故が起きる可能性がありそうだし。。。お疲れ様です。

うちはオール電化ですからガスは使っていませんが、ガスのメーターが取り外してないのでつないであるそうです。メーターをはずすようにしたのですが、とれなかったとか。基本料金とかからないのでいいですけどね。

今朝、工事の人がコンビニに来ました。家の前でその人に会いました。朝のことだからお互いに覚えていました。(笑) 家の前の道路の工事が終わったらよそに行くとか。でも、この地区の工事はまだ、まだ続きます。いろんな会社の人たちが現場の分担をしているようです。

これで地震が来てもガス漏れは大丈夫みたいです。家に引き込んであるのは古いガス管ですが。(;一_一)

愛のスコールレモン味

Dscf1375

宮崎ゆかりのものがあるというのでファミレスに行ってきました。あったのはこの2点だけでした。レモン味中々美味しいと思いますよ。それにおにぎり。これも鶏肉美味しいですね。

ここにある東国原宮崎県知事の顔、いつまであるんでしょうか?なくなると寂しいですね。

Dscf1366

玄関に咲くルリマツリ2色とキャットテール。

大高緑地の蝶々などの昆虫

探鳥会の続きです。探鳥会ではあるんですが、昆虫が好きな人も参加されています。カメムシから蜘蛛、蝶々も対象だとか。

Img_1071

Img_1084

シオカラトンボとアキアカネ?

Img_11021

カタバミを餌にしているというヤマトシジミ。一羽だと思ったら、2羽いるでしょうと言われてびっくり。オスとメスがいます。

Img_10831 

Tyoutyo2

ツマグロヒョウモン 上がメスで下がオス。
(褄黒豹紋)Argyreus hyperbius は、チョウ目タテハチョウ科(ヒョウモンチョウ族)に分類されるチョウの一種。雌の前翅先端部が黒色で、斜めの白帯を持つのが特徴である。

Tyoutyo

Img_1085

大高緑地の植物

大高緑地の探鳥会に集まるのは鳥好きだけでなくて、植物や昆虫空きもやってくる。みんな凄い物知りですよ。\(^o^)/

Dscf1351

これは露草の仲間でイボクサ。
ツユクサ科の一年草。水田や湿地に生える。茎の基部は地をはい、節からひげ根を出す。葉は狭披針形。夏、淡紅色の三弁花を茎頂に開く。イボトリグサ。
9月から11月ごろ、淡い紅紫色の花を咲かせます。水田の雑草ですが、名前はその昔、イボをとるのに使ったことによるとか。

イボクサの名前に似合わない可愛い花。初めて見た。去年も今頃来ているのに見なかったらしい。

Img_1090

ツリガネニンジン 日陰のせいか色白の花だった。
キキョウ科 別名 トトキ  原産: 日本
薬用植物で、用途は秋に釣鐘状の小花が咲き、根の形が朝鮮人参に似ているので、この名があります。人参のような強壮作用はなく、去痰・鎮咳に用い、若葉を食用にします。

Img_1097

ヒヨドリバナ フジバカマかと思ったが、葉が違うそうだ。
科名・キク科 花期・7~10月. ヒヨドリソウ(鵯草). ヒヨドリが鳴く頃花を咲かすことが名前の由来.

Tade1

この蓼は花の色がきれいだ。植物に詳しい人が教えてくれた名前はボントクタデ。辛味がないのでホンタデと比較し、役立たずってわけです。笑ってしまいましたが、思わず足を止めてしまう美しさがありますよ。

ボントクタデ(凡篤蓼) タデ科タデ属
水辺に生える一年生草本。高さ70cmぐらいになり、茎は赤味をおびる。
葉は広被針形で、柄があり互生する。葉にはしばしば黒い斑紋がでる。秋に白い花をつける。

緑地では彼岸花もたくさん咲いているし、セイタカアワダチソウも咲き始めていました。アキノキリンソウはまだ咲いてません。草刈でなくならないことを願っています。

探鳥会、植物観察など2時間半、博士がたくさんで楽しませてもらいました。来月もよろしくお願いします。 

探鳥会 (大高緑地)

朝から来週のお祭りの準備で牛毛神社へ掃除に行く。しばらく草を抜いていると上浜公園に移動してくださいと。上浜公園に鎌を持って行くと使い道がないことがわかった。2.3日前に名古屋市が草を刈って行ったとかで綺麗になっていた。ここでも掃除らしい掃除をしなくて終わった。

9時前だったので大高緑地のバードウォッチングに行く。集合場所に遅刻したと思って緑地の中を探してみるが見当たらない。池の周りでメンバーの一人に会ったので聞いてみると9時半からだという。よかった間に合った。

まず最初に柿の実をつつくメジロ。たぶん渋柿だろうというのに試食されたお人があった。大きくかじろうとされるので少しがいいですよと言ってみた。案の定渋柿だった。慌てて捨ててみえた。が、もう一人渋の味を知らないからとかじって見えた。そうです!自分で試して確認するのは大事なことですね。

エゾビタキ、ヤマガラ、モズ、オオタカ、シジュウカラなど見る。他にもたくさんいたらしいがよくわかりません!

Mejiro

Wzobitaki2

Ootaka

Kamon2wa

上から熟柿を食べるメジロ5羽くらいいましたね。もうじき我が家にも遊びに来るでしょうね。楽しみです。 

次はエゾビタキです。この日 キビタキもいたそうです。エゾビタキとサメビタキ区別がつきません。300mmの一眼レフで覗いても遠くて細かいところまで見えないのです。双眼鏡で見なきゃです。

次はオオタカ。ハイタカもいましたね。区別はつきませんが、尾張野鳥の会の人が教えてくれました。ハイタカは地形を参考に飛んでいるとか。今度晴れたらどこかへ行ってしまうでっしょうと。

最後の水鳥は、珍しい取り合わせだそうです。後ろがヒドリガモだったかな、もう一羽は名前を忘れてしまいました。m(__)m

名鉄ウォーキング 家康ゆかりの岡崎

元女性会のメンバーと歩く2回目のウォーキングです。集まったのは今回も8名ですがメンバー3人が入れ替わっています。先回の桶狭間の合戦地を回ったのははここここ

出発駅に行く前にコンビニでおにぎりとお茶を買います。皆早く起きるのが精いっぱいなのです(笑 )鳴海駅9時01分に乗って出発です。4つ目の駅が東岡崎駅。

名鉄電車には岡崎駅はありません。なぜでしょうか?JRには西岡崎駅と岡崎駅がありますが。その中間くらいにあるのが東岡崎駅です。

集合地は乙川の河川敷になります。以前、岡崎ストーンフェアに行ったことがあります。今年の岡崎ストーンフェアは16・17日みたいですね。

地図をもらって出発します。岡崎城のある岡崎公園からです。

Sdscf1339

お城を通り過ぎてからくり時計の前が10時少し前。みんなが見ているので私たちもじっと見学。巧妙な作りになっています。みんなで感心しました。

次は、朝市を目指して進みます。松坂屋のあったところを通りすぎます。今は閉店してありません。二七の市というところを通って(荷が重くなるのを嫌って皆何も買いませんでした)次は古い洋館の岡崎信用金庫資料館。

Sdscf1340

大正時代に作られたレンガ造りの洋館で、世界の通貨を展示してるとか。寄らすにひたすら歩きます。

カメラの調子が悪くていい風に写真が撮れません。買ったばっかりなのですが・・・一度カメラ屋さんに診てもらった方がいいかな・・・・つまんない!!

次は皆が楽しみにしていた、丸石醸造の「酒蔵見学」です。

Sdscf1341

並んで水を飲みます。なんでもお酒を作る水らしいです。丸石醸造は江戸時代元禄3年(1690年)に酒造を創業し、お酒の試飲が出来銘酒「長誉」で有名とあります。なるほど聞いたことのあるお酒の名前です。甘酒をいただきました。それとみたらしだんごと酒蒸し万頭を飼いました。

元会長が何でみたらし・・と言いだしました。??? みたら四あるからとか、丸い団子が4つ串刺しになっていました。へぇーそうなんかな?

ここでまだ11時です。平地ばっかり歩くので楽ちんです。が初参加の一人が帰りたいよ・・・と。 ウォーキングを始める時から、あまり乗り気でないのを連れてきたんだからしょうがないんですが。この人があーでもない。こーでもないというのがすごく楽しみなのです。面白い一言が飛び出すのです。集まった時も珍しい人が参加しているねと皆に言われていました。(笑)

そんあこんなでお昼御飯を食べる岡崎東公園に11時45分につきました。少し上り坂だったので疲れたーーという人もありましたが・・・

メンバーの一人は岡崎生まれの岡崎育ちなので、子供のころこの公園によく来たの?うん 遠足はいつもここという答えを期待していたので「ここねー 私が子供頃なかったもん」の答えにびっくり。岡崎は新しい街づくりを進めていたんですね。岡崎東公園のもうひとつ向こうの山に、岡崎市美術館があります。運動公園も立派なの出来ていますものね。2006年のピカソ展に来ています。ここです

おにぎりを食べてお茶を買って・・・ うん 動物園だったなぁと思ったらミニチュアポニーがいました。前足で策をつついて餌を催促する賢いポニーです。下に生えている草を取ってあげると美味しそうに食べました。食べ終わると催促します。とっても可愛かったですよ。

残り3.9キロと表示されていました。ただこれからは見るところが少ない。ただ歩くだけでした。ほんともくもくと歩きました。長い人の群れが移動していきます。途中に岡崎保健所があり、岡崎げんき館がありました。寄って行く人もあったようですが、私たちはまだ歩きます。

1号線の横を通り、乙川に架かる橋を渡り、まだ歩きます。休憩なしで歩きます。名鉄本線の踏切を渡って、ゴール地の六書神社へ着きました。あーお疲れ様でした。

Sdscf1342

全長9.5キロのウォーキング 前回の桶狭間の時より坂道が少なかったのと距離が短かったので楽に歩きましたよ。

101002_131801

次回はどこへ行きましょうか?豊川いなり厨子フェスタ、中部国際空港開港5周年、刈谷ミササギパークの秋薔薇など、行ってみたい場所がいっぱいです。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴