« 作品 へちま | トップページ | 愛知トリエンナーレ2010  「生きる」 »

合唱音楽と美術の共演

受付が早かったのか招待券の席は1階1列12番。係りの人に聞いたら美術家の前の席ですと・・・え~っ 前過ぎないかな!

まずは、合唱から
鷹来女声コーラス・エッレの「空に、樹に・・・」から生きる 「民話」より でんせつ

次の女声コーラス「茜」からの合間合間に尾崎真実さんの製作開始です。合間合間というのが短時間のつながりで制作するのに気の毒でした。お隣の席の人も同じ意見でしたね。隣の席の人は城戸わこ氏の絵画教室の生徒さんでした。

女声コーラス「茜」 ピアノ 伊東知江子 「野崎雨情名歌集」から 第1章 数え唄 七つの子~十五夜お月さん~四丁目の犬
第2章 青い目の人形~赤い靴

キンダ―コール鳩笛の会 かんかんかくれんぼ 烏かもねん勘三郎 一番星見つけた ほたるこい かっこう 野ばら

混声合唱団NAGOYA歌(なごやか) 「きょうりゅうたちの地球」から おやすみ くまちゃん ハッピー バースディ トゥ ユウ  夢の話 ひつじちゃんもおやすみ もうじき冬が きょうだいげんか

合間合間に真美さんの製作が続きます。

コール・フロイデ ピアノ山田郁子 「美しい訣れの朝」から お母さん 赤い風船

ここでまとまった時間に美術の製作です。

尾崎真実 尾崎 慎 岩田萌花 永島 愛 増田有香 町田季実子

美術の人たちが描いているのは立ち上がって観ていいですよ。彫刻には触らないでくださいとも声がかかる。触れない石彫か・・・製作者の意志ではないだろうなぁ。

このあと休憩

尾崎真実さんをマナーモードで写していたら、隣席の男性が音あり、光ありで撮影された。おーい おじさん デジカメは携帯電話でないいんだからマナーモードに出来るよと思った。困ったなぁと思っていたらすぐに、カメラは禁止ですと声がかかる。

混声合唱演奏 「夏の風」 この朝は 夏 送り火 老いた木の歌

ここからの美術家の城戸わこさんのパフォーマンスは歌っているときに描きます。それは見事というかあっぱれというか・・・白無垢の着物を五つも並べて描いて行くもの。げんきがいいわぁ。見ていて気持ちがいい!絵は好きでも嫌いでもないが動きがあって楽しい!

Dscf1571 

城戸わこ氏は愛・地球博 上海万博 現在名古屋市で行われているCOP10のポスターも描かれたそうだ。城戸さん自身の顔に覚えがある。テレビで拝見したのかな!

最後は女性混合演奏 「新しいわたしへ」 いま始まる新しいいま 海になりたい

拍手喝采の中終わる、指揮者の矢野としゑ氏は五つのグループをまとめるのに苦労されたそうだ、最後の挨拶の時のうるんだ目が印象的だった。

尾崎さんの控室を訪ねるといいのだろうが手ぶらじゃと思いやめた。久しぶりの夜の外出、朝早いのも手伝って疲れた。外は冷えていた。役目を終えようとしているテレビ塔が美しかった。緑色はCOP10の色だろうか?

Dscf1572

« 作品 へちま | トップページ | 愛知トリエンナーレ2010  「生きる」 »

彫刻」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/49761737

この記事へのトラックバック一覧です: 合唱音楽と美術の共演:

« 作品 へちま | トップページ | 愛知トリエンナーレ2010  「生きる」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴