« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

黄葉まつりの祖父江町へ行ってきました

昨日の日曜日に名鉄のウォーキングで稲沢市祖父江町に行ってきました。祖父江町は日本一の銀杏の産地のようです。

日本一の生産量を誇るぎんなん。古くは、米の凶作時の備蓄食料にも使われたそうです。その生産を目的とした栽培は祖父江町地区が最も古いとされていますが、歴史は意外と新しく約100年と言われています。
 ぎんなんのなるイチョウの木は、厳しく吹きつける伊吹おろしを防ぐ防風林として、祖父江町地区では古くから神社・仏閣・屋敷周りに植えられてきました。
 今でも樹齢100年を超えるイチョウの大木が数多く存在し、晩秋ともなれば、その葉は一斉に色付き、まちを見事な黄金色に染め上げます。
稲沢市のHPより

元気な元女性会のメンバー10人で・・・ 回数を重ねるごとに人数が増えて今回はまた1人増えました。

今までの内で一番遠かったです。快晴、朝の気温は少し低めでしたが、歩くのにはとてもいい条件だったと思います。名鉄鳴海駅に集まって、急行岐阜行きに乗り、名鉄一宮駅で尾西線に乗り換えます。鳴海駅から座れた電車も、目的地が近いこの駅では人がいっぱいです。この路線が満員になることはほとんどないと思うのですが、今日は本当にぎゅうぎゅうでしたね。

車窓にも少しづつ黄葉している銀杏の木が見えてきます。わぁーと歓声が上がります。森上駅から歩き始めます。地図を受け取りましたが、前の人に続いて歩くだけですから地図はいりません。

Dscf2335

銀杏の他に目についたのが、皇帝ダリアの花です。背が高いのでよく目立ちます。他には食べごろの蜜柑と柿。

歴史資料館の前を通り過ぎた所で、足腰のストレッチングです。指導してくれるのは、60キロ歩いたことのあるKさん。頼りになります。

Dscf2337

銀杏の黄色がほんとにきれいです。銀杏って雄の木と雌の木がありますが、見分けるのって葉っぱの形と聞いたことがあるのですが、今回ブログに書こうと思い調べてみましたが、葉で見分けるのはどうも俗説のようです。

実がつくようになれば、実の付いた枝は垂れ下がってくるのでわかりますが・・・

Dscf2351

大きな銀杏の木が多いですが、先が切ってある木が多いです。これって収穫を楽にするためでしょうか?

午後から別な用事があったので、途中から皆と別れて歩きます。コースが分かりやすかったのですぐにウォーキングの列に合流しました。

Dscf2340

Dscf2341

Dscf2347

Dscf2348

歩いていると、少し匂うところもありますが、そんなにひどくはなかったですよ。

Dscf2350

Dscf2356

Dscf2358_2

Dscf2360 

ゴールでは屋台が並んでいて、人がごちゃごちゃいました。私もその列に並んで、銀杏おこわを買いました。一個400円で3個お願いしました。

銀杏もたくさん売っていましたが、LLサイズは高価でした。土産を買って山崎駅に急ぎます。踏切で警報音が鳴っています。間に合うかもと急ぎましたが、発車してしまいました。残念、その時12時4分。

次に来た電車は津島行でしたが、携帯電話の乗換で調べてみると、津島駅から乗り換えた方が早く帰れそうなので津島経由で帰りました。

Dscf2362

Dscf2366

鳴海駅に着いたのが13時13分。何とか次の約束に間に合いそうです。

メルヘンの森(東海市)

東海市の市役所の近くに加家公園の中にメルヘンの森があります。薔薇の花と女性像が素敵な入口になっています。つい寄り道したくなります。

1989年(平成元年)11月に完成した中世のお城がシンボルの公園です。一歩足を踏み入れると、そこはおとぎの国の世界です。

その前に女性像の前で猫が迎えてくれました。

Dscf2248

Dscf2243

女性像は「舞」 石田武至作

しばらく行くとお城が見えて来ましたよ。

Dscf2249

Ssdscf2250

案内図です。

Meruhen_map

動物の彫刻などあります。童心に帰れそうないい公園です。子供たちが池に入って遊んでいました。暖かいとはいえ周りの木々は紅葉しています。

Ssdscf2257

上り坂になっているのを歩いて行くと何やら帳面のモニュメントが・・・1冊、2冊、3冊ありました。細井平州の教えが書いてあるのかな。

Dscf2261

その先には細井平州の像がありました。

Dscf2267

「若き日の細井平州」 石田武至 作

Dscf2265

東海市出身の江戸時代の儒学者・細井平洲(へいしゅう)。平洲は、藩政改革で有名な米沢藩主・上杉鷹山の師として活躍し、晩年には、尾張藩に仕え、藩校・明倫堂の初代督学となった人物です。 「学んだことを生かす」という実学が平洲の信条で、吉田松陰や西郷隆盛にも影響を与えました。

というえらい儒学者。

細井平州と言えば切り離せないのが、米沢藩の上杉鷹山公。名鉄聚楽園駅前にも説明がありました。平州先生と鷹山公の功績を末永く後世に伝えるためと・・・師弟椿が植えてありました。

テニス仲間と

昨日は午後からテニススクールへ行った。1番乗り、少し早かったかな?コーチはコートで準備をしていたが・・・コメントをくださる浜島さんがこのブログを誉めてくださった。嬉しいことです。また、続けて書こうと思います。<m(__)m>

生徒は7名。奇数だと練習試合でコーチが参加する。これってとっても楽しみ!!楽しみは後にして、ウォーミングアップ。うまく打てないなぁ。ネットにかかること3回・・・バックハンドはまずまずだったけど。1回コーチに飛んだ。ハハハ すんません!!

他の人もかなりコーチに向かって打っていた。みんな狙っているわけではないですよ!狙ってみたいけど、やっぱり怖いから出来ない!!

練習試合の相手にコーチが入ったとき、よだきぼママのサーブですが、2球ともフォルト!「緊張し過ぎ!」の声がサイドから・・・ ちょっとコーチを意識しすぎたかな!気を取り直して・・・サーブは入ったけど、コーチに走らされて負けた!! くっそー 来週はリベンジだ!

先週の別のコーチはうまくボレが決まって面白かったのになぁ!

Photo

この写真は鳴海教室のスタッフブログから無断で借りました。今度教室に行った時にことわろうっと!

で・・・今日もスクールへ行った。別のクラスがコーチとランチを食べるからと誘ってもらったので・・・懐かしいお顔が揃っている。サガミ 鳴海店に9名集まった。

四川味噌煮込みうどんを食べた。食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れた。(笑)

名古屋人って、いないんじゃないのということになり、出身地の話になった。それから結婚の話題になったりした。静岡沼津・富山・山梨・鹿児島・久留米など各地方から集まっていて面白かった。会話が弾んでほんと楽しいランチでした。

感謝です!次は新年会かな?

いやその前に昨日の仲間とお茶したいなぁ。

紅葉してきた庭の花

Dscf2216

Dscf2296

ツワブキの花 紅葉しているのではありませんがやっと咲いてきたので・・・↑は11月19日 下は今日25日です。可愛く咲きました。

Dscf2307

Dscf2310

ハゼは実を蒔いて育てていますが何年たったのか忘れてしまいました。盆栽を小さく育てるのは本当に難しいですね。鉢植えを紅葉するように水を管理するのもこれまた難しい。

Dscf2328

Dscf2329

柏葉アジサイも色がつき始めました。

庭の花と干し柿

昨日は冷たい雨が一日中降ったけれど、今朝はやんでいた。月が西の空に見えて薄暗い中バイトへ行った。寒くはなかった。

6時台は暇だったが、7時くらいから忙しかった。景気が悪いと言いながら仕事をやっている人はやっているんだなぁと思う。ただ給料の反映されているかは疑問だけど。

大潮になっているので見計らって堤防から大高川をさかのぼってみたが、昨日の雨で潮の引きが悪い。北風が追加ら鳥の姿もあまり見えなかった。マガモ・カルガモ・カワウ・ユリカモメなどしかいない。

大した写真が撮れなかったので撮りためた花の写真をアップします。

Dscf2200

冬の薔薇はレッドライオン 

Dscf2094 

Dscf2106

ミセバヤ 枝を2本いただいて3年目。今年は枝ぶりも花もきれいだった。

Dscf2230

Dscf2227

ツメレンゲ 花も素敵だけど蕾の形が特に好き。 

こちらは庭になった渋柿と田舎から貰って来たのを干し柿に。3週間で食べれるかな。

Dscf2085 

Img_1431

探鳥会の帰り道は紅葉がきれいだった

Img_1530

探鳥会の帰り、あまりにいい天気で暖かいので名和のあたりで緑陽小学校の方から丘を

越えて 氷上姉子神社に抜けて帰る。

Img_1532

Img_1533

上はセンダンとハゼ

Img_1534

見にくいがジョウビタキがいる。↓は皇帝ダリア

Img_1536

Img_1542

カラスウリがとてもきれいだった。↓はキジバト

Img_1545

下は山ぶどうの黄葉とモミジ 

Img_1548

Img_1549

明日は雨の予報が出ている。そのせいかなぁ暑いのは。

ゴイサギとキセキレイを見た探鳥会

愛知野鳥の会大池公園の探鳥会に行って来た。自転車で30分で行けると思ったが少し誤算だった。急いで急いで5分遅刻・・・私より遅い人もあったのでよかったけれど。以外に遠かった。

参加者14名はかなり多かったようだ。木の葉もだいぶ散ってきたし(鳥を見やすくなった)し冬鳥もだいぶ来ただろうとの思いからだろう。今回は見たい鳥が2種、ツグミと百舌鳥。この季節まだ見かけていない。

テニスコートの横でしばし観察。先月の探鳥会もここに小鳥がかなりいた。シジュウカラ・ジョウビタキ・ヒガラ・ヤマガラを見るが遠くて写真は無理だった。

池には、マガモ・カルガモ・キンクロハジロ・カイツブリが遊んでいる。

ゆっくり観察しなが、説明を聞きながら進む。解説者がたくさん見えるのが面白い。

遠くて見にくいがホシゴイと言われる、ゴイサギの幼鳥、ピンは来ないし遠くて小さい。

Img_1475

フィールドスコープで見ると大きく見えるけど、デジタル一眼レフに300mmをつけても中々だ。同じ場所で違う方向にスコープを合わせている人がいる。あれ・・・覗いてみると、成鳥のゴイサギの姿が、あまりに近いところに居てびっくり。でも今度は近すぎてピンが来ない。ハハハ カメラは難しい!

Img_1481

この先で鶯を見る。ウグイスと思ってみたけどあまり感動はなかった。花札のきれいな鳥ではないのはわかっていたけど、地味な保護色だった。言われなければ絶対に分からないだろう。

ヤマガラやヒガラがいるけど、高い木の上にいるし、逆光でシルエットがぼんやりとしか写らない。

Img_1500

今度はキセキレイ

池の周りを歩いて行くと目の前の地面にヤマガラがいた。が、カメラを構えることも出来ずに逃げられたというか、飛んで行った。

ここの鳥は割りに人になれていて観察しやすいんだそうだ。散歩を楽しむ人たちは鳥など見ずに歩くから、鳥も気にしないんだそうだ。

Img_1512

Img_1513

今度はまずまずに撮れたキセキレイ。

Img_1518

ハート形の上にいるのはアオサギ。遠いなぁ!

Img_1519

これも対岸で遠いけど ハシボソガラス(くちばしが薄い)

カワセミを待ったが現れず。今日の目当てのツグミと百舌鳥は声は聞こえたらしいが姿は見えなかった。スズメやトバトまで入れて32種類を確認されたそうだ。久しぶりの30越えだと喜んでみえた。

神式の葬儀

昨夜はご近所のSさんのお通夜だった。家族葬との知らせがあり回覧は回らなかったが、引っ越しして来て以来、優しく接してくださったし、遊びにもよく来て下さったのでお通夜に・・・

ご近所も参加される人が多かった。香典を包み数珠を持って出かけたが斎場について行ってびっくりした。神式だったからだ。一緒に行った友達も神式というので色々教えてもらった。

女性会の時、葬儀のマナーも勉強したけれど、忘れていることは多い。初めての神式の葬儀、香典ではなく、御玉串料を用意し、数珠はいらない。

家族葬というので、係りの人に参列してもいいのか尋ねたら大丈夫とのことだったので安心した。出迎えてくださったご家族の方々も嬉しそうで良かった。奥さまが顔を見て下さいと・・・

紙飛行機を作っては飛ばすのが好きだったし、公園の掃除を自発的にやって見えたので、元気そうな色の黒いおじさんだったけど、闘病中だったので色白のいい男になっていた。胸に乗せてあった紙飛行機に、涙がにじんだ。優しかった、奇特なSさん有難うございました。

Top_530s

笙の音の流れる中を祭主、神主さんが入ってみえた。仏式とは違うことばかり、色々勉強になった。

家族葬を希望してご家族に明日も来てやって下さいと町内会長さんに話をされたので、今日も行って送ってきた。

誕生日が大正12年11月19日、88歳。亡くなったのが11月18日だったらしい。もう一日遅かったら誕生日だったんだねと皆で話をした。

Sさん、人も猫もお世話になりました。ありがとうございました。ご近所さんも多くの人が犬もかわいがってもらったと・・・

人も動物も大好きなお人だった。 

皆に見守られながら、Sさんは神様のもとに旅立たれた。

ゴムを巻いて飛ばすこんなのも飛ばしていて、木に引っ掛かったりもしていたなぁ。

H023

野鳥観察と紅葉

昨夜はうがいを繰り返し早めに寝たので喉の痛みもひどいことにならずに済みました。声が出なかったらバイトにならないなぁと思っていたのですが大丈夫でした。朝もイソジンでしっかりうがいをして出勤しました。で、風邪引きの原因かもと思ったバードウォッチングの話。

天気のぱっとしない日が続いていて鳥の写真が撮れなくてうじうじしていたのですが、やっと一昨日大池公園に行ってきました。

連れ合いは、イソヒヨドリが見たいらしく、というか私に見せたいのかも知れませんが、新舞子に行くというのでついて行ったのです。利用するところは利用して、嫌いな所だらけですがじっと我慢して・・・・ 電車で行こうものなら大変ですから。

Dscf2122

Dscf2125

新舞子に着いたころには満ち潮になっていて水際にも堤防にも何も見えず。トンビやら鵜が飛んでいました。

もっと大きなヘリコプターがいっぱい飛んでいました。何かの訓練かもと思いながら見ました。陸の方にも飛んで来ましたからね。でも小鳥の鳴き声が聞こえません。帰ってニュースを見るとで海に落ちた船員を探してたようでした。

Img_1359

諦めて、東海市の大池公園に行きました。連れ合いが気にしているのはオオスズメバチです。蜂はいっぱい巣に出入りしていました。誰もとらないのみたいですね。連れ合いも最近はいまいち気が乗りません。見ただけ!!

廃業して1年、退屈のようです。

Dscf2186

Img_1363

Img_1362

カワラヒワの群です。遠すぎて残念。

Img_1372

こちらは雌のジョウビタキ

Img_1376

シジュウカラ

Dscf2131_2

暗くて見にくいけどコゲラ 縞模様がしっかり写ってんですが。

ここからは場所を移して、聚楽園 紅葉がきれいでした。

Dscf2187

明治から大正にかけて活躍した実業家、山田才吉翁が昭和2年(1927年)に建立した大仏。建立当時、鉄筋鉄骨コンクリート造りとしては国内最大級のもの。

Img_1409

Img_1414

Img_1396

上の2羽はセキレイです。同じ種類なのかなぁ。

Img_1424

かめさんの日向ぼっこ。

喉が痛いので

喉が痛いので
今朝起きた時から喉がおかしい。風邪引き亭主とバードウォッチングに行ったのが悪かったかな。
うがいを何度もやったから少し楽になってきた。早めに寝よう。
写真は小雪ちゃん。もうすぐ会いに行きます。

猫の入院・手術・退院

我が家のトラ猫グレムリンが歯肉炎から抜歯を進められてから10日あまり。腎臓サポートの柔らかい餌で体力をつけて手術に臨みました。

グレムリンだけ朝抜きにできないので前日の診察時間ぎりぎりに入院しました。怒りんぼうのグレムリン、瞬間湯沸かし器みたいに怒り出すこの猫大丈夫でしょうか?獣医は猫に好かれることはほとんどないようなので覚悟して治療されると思うのでどんな猫にも対応できると思いますが、可哀そうなのは、一人ぼっち・・・いや一猫で寂しくないかと心配な飼い主です。

翌日朝、確認の電話がなり、説明を聞いてよろしくお願いしますと電話を切りました。

その日の午後、手術は無事終わりましたと電話。でも、上の歯茎の血管が痛んでいて、くしゃみ等で出血するかもと。そうなったら家庭では止血出来ないのでもう一泊させますとのこと。えっ!大丈夫かグレムリン!

入院してから3日目。朝のうちに退院の許可が出て、夜勤が終わった息子と迎えに行きました。犬さんがいっぱい来ていました。

可愛かったのがこのブルちゃん。顔つきに似合わず人が大好きで、犬も好きだという。これは撫でまわすにうってつけのわんこです。本当にいいわんこでした。2歳で遊び盛りなので喜んで息子にも遊んでもらっていました。

Sdscf2092

ふと目かなと思ったのですがまだ、30キロまでは太ってもいいとか・・・犬種によって体重の限度が違うようです。鼻の低いわんこは飛行機に乗れないそうですねと聞いたら、麻酔も大変だとか。それに熱いのも苦手で、待合室でもはぁはぁしてました。頑張れブルちゃん!

治療費など払って、診察室から名前を呼ばれました。

グレムリン元気そうで、ほっとしました。治療経過、検査結果などじっくり説明がありました。歯磨きを進められました。フイッシュ味で食べてもいい歯磨きです。

でも、やらせてくれるでしょうか?頑張って2日に一回でもやってみましょう。

瞬間湯沸かし器のはずのグレムリンがほめてもらえました。

大人しいとてもいい猫ですねと・・・あぁ~ えっ・・・ まぁ 最近では掃除機の音にも動じないし、お客さんはお迎え出来る猫ではありますが、まさかいい子だとほめてもらえるとは思ってませんでした。(*^_^*)

抱くちょっと前におしっこしたようで、臭かった!直前まで点滴をしていたようなのでいたしかたありませんね。家に着くなり、シャンプーしました。大騒ぎです。季節がら風邪ひを引きそうなので慌てて保温しながら様子を見ましたが、大丈夫でした。

14歳の老猫グレムリン・・・ 仲良く長生きしようね!

Sdscf2093

プリンターの上のグレムリン。

宮崎のお土産

同窓会で宮崎に行っていた亭主が一週間ぶりに帰って来た。土産が凄かった。

宮崎米20キロ、焼酎百年の孤独2本と霧島焼酎、地頭鶏(じとっこ)炭火焼がいっぱい、カボチャ、里芋の親芋2箱、おじさんの蜂蜜といとこの蜂蜜、地頭鶏(じとっこ)のたたき、渋柿35個など。

焼酎「百年の孤独」は高校の同級生が、黒木本店が作るこだわりの美味しい焼酎だ。

向こうに行ってからの足確保のために車で行ったのであちこちで土産を貰ったらしい。もちろんこちらからの土産もいっぱい積んでいったのだろう。

宮崎カーフェリーは大阪南港を出発して宮崎港に着く。

Time_img03

Time_img04_0906

フェリーの中は寝て行けるのでとても楽で行ける。

大阪に朝ついて、一路帰ってくると昼前には帰宅できる。家の渋柿が今年も11個しかなっていなかったので、亭主の帰る朝に電話してどこかで渋柿をと催促したら、おじさんの家になっていたのをもらってきたらしい。

早速皮を向いて、熱湯にくぐらせて物干し竿に下げた。田舎の柿も不作で数が取れなかったので大きいらしいが、家の柿の倍の大きさにびっくりした。

B級グルメのソースかつ丼

りんご園で聞いた ソースかつ丼の明治亭に行ってきました。評判が評判を呼んだのかお客さんの多いこと。駐車場が広くていいですけど。

名前を書いて順番を数えたら5番目だったと友達が言っていました。廊下で待つのは寒いので、表で日向ぼっこをしながら待ちました。

面白い車が止めてあり、記念撮影終わりましたかとありました。(笑)

Dscf1974

肉の種類もいくつかあるようですが、国産豚を頼みました。りんごを食べたばかりでしたが、普通盛りをお願いしました。待つことしばし・・・運ばれてきた丼のキャベツの多さにびっくり!

Dscf1975

Dscf1976

ご飯と同じかそれより多く入っていたかも。

ソースがうまい!!薄くスライスされたキャベツともよく合って美味しいこと。

ちょっと量が多かったけど完食です!

ご馳走様!!

福井県にもソースかつ丼ってありますが味はどんなんでしょうね!食べ比べしたいなぁと思いました。(笑)

帰り際に隣の席を見たら、若いお兄ちゃんが4人。そこのテーブルに並んだ大盛りソースとんかつ目が丸くなりました。注文する声は聞こえていたんですが、いやー若さに脱帽です。

お腹がいっぱいになったので眠くなりましたが頑張って起きてました。運転している友達のご主人にわるいですから・・・

帰りは途中から高速道路を下りて、道の駅など寄りながらゆっくり帰って来ました。ナビの道案内って変ですね。車の多い道を案内して遠回りだったし・・・

名古屋に着いたら夜になってましたが、いい天気に恵まれとっても楽しかったです。友達夫婦に感謝!

りんご畑から絶景です!

Dscf1921

2度楽しめるというブルーベリー。実を食べて紅葉も見事。

Dscf1884

りんごの木 、2万円でオーナーを募集するとか・・・100個も実をつけるそうだ。

Dscf1905

Dscf1912

Dscf1930

Dscf1934

Dscf1938

ドウダンツツジの大木。

Dscf1945

Dscf1952

ニシキギの実と紅葉!

Dscf1965 

南アルプスの北岳は雪をかぶっている。

次は駒ケ根のB級グルメです。お楽しみに!

名鉄のウォーキング 刈谷から知立

元女性会の恒例になりつつある名鉄企画のウォーキングに行ってきました。

これまで、桶狭間の合戦の豊明と家康の城のある岡崎に行きました。今回も東に向かった三河です。

集合時間も皆きちんと守って、列車も鳴海駅から知立駅と順調に乗り継ぐことが出来、ウォーキング出発の小垣江駅に着いたのは9時半くらいだったと思います。

今回の参加者は9名で、これまでで最高の人数になりました。相変わらず結束力のある元女性会です。

Photo

参加者はあまり多くないような気がしますが、どうでしょうか?平たんなコースです。出発して2.8キロでフローラルガーデンよさみに到着しました。

Dscf2022

大きな鉄塔が建っていました。依佐美送信所跡です。
依佐美送信所は 1929 (昭和 4) 年に完成、ロンドン (イギリス)・ベルリン (ドイツ)・パリ (フランス)・ワルシャワ (ポーランド)・ジュネーブ (スイス) との通信を開始しました。

Dscf2026

1941 年 12 月 8 日 (日本時間)、南雲忠一海軍中将率いる空母「赤城」を旗艦とする機動部隊の艦載機が、ハワイ・オアフ島の真珠湾に停泊する米海軍太平洋艦隊を奇襲、太平洋戦争の火蓋が切って落とされることとなりました。
開戦日を指示する「ニイタカヤマノボレ一二○八」の暗号電文は有名ですが、依佐美送信所はこの電文を海軍東京通信隊の管制のもと、南雲機動部隊とは別行動の先遣部隊の潜水艦に向けて 17.44kHz で送信しました (南雲部隊へ向けての送信を行ったのは、千葉県船橋市行田の船橋送信所)。

1993 (平成 5) 年に送信を停止、翌 1994 (平成 6) 年 8 月に全面返還されました。8 基の無線塔は、2 号鉄塔が 25m に短縮のうえ保存されることとなった他は撤去とされ、1997 (平成 9) 年 3 月に全ての撤去が完了しました。

などいろんな歴史を持つ送信所跡です。

ここでトイレ休憩。その後フローラルガーデンを見学、ミニパノラマカーが走っていました。

Dscf2031

Dscf2032

Dscf2030

今日のコースは楽だねと話しながら歩いて行きました。

次はお弁当好適地と案内にあるミササガパークです。ここまでで4.4キロ。薔薇の花がきれいに咲いています。ここの薔薇を見るのも目的の一つ。

でも空にそびえる彫刻を発見、感激。

Dscf2039

Dscf2052

2005年愛地球博カナダ館に展示されていたメイプルリーフです。刈谷市は1981年からカナダのミササガ市と交流があり愛・地球博でもフレンドシップ交流国だったとか・・・ ミササガ通りもありました。

おにぎりを食べながら、忘年会の相談をしました。遊ぶことなら大好きな元女性会です。話はすぐにまとまり、その場で予約を入れました。仕事が早い!!

ワイワイガヤガヤとおにぎりを食べ、薔薇の花を観賞しました。刈谷市っていいところですね。みんな気に入ったみたいです。

Dscf2065

時間はまだ早いですが歩き始めました。猿渡川に沿って田んぼ道を歩きます。次の目的地は、パティオ池鯉鮒(ちりゅう)です。よだきぼママは以前にも来たことがありますが、今回は野村和弘氏の作品が見れるのが一番の楽しみでした。ここは知立市です。知立ドキ時フェスタもやっていて人であふれていました。知立市は活気がありますね。

Dscf2067

Dscf2072

ここを出るとゴールが待っています。四季桜の咲く間瀬口川散歩道からゴールの新地公園までは近かったです。ここで全コース9キロのウォーキングは終わりです。

知立駅まで歩いて、ちょうどやってきた急行岐阜行に走って行って乗りました。間に合ったし席も開いていて皆座れて疲れたねーと口々に・・・後半に火が強くなって暑かったのが疲れの原因かも。

鳴海駅に戻ってきたのが2時前、当たり前のようにパン屋さんに入り、コーヒータイム。ああだった、こだったと1時間くらい話が弾みました。

次回のウォーキングは今回これなかった人のリクエストで今年〆になる、11月28日祖父江の銀杏の黄葉のもと歩きます。

りんごの並木道

友達夫婦にリンゴ狩りに誘ってもらったので行ってきました。

土曜日は高速料金が安いし、紅葉の季節でもあるので行楽地は混むんだろうとおっしゃったのですが私は土日しか休みがないので、昨日の土曜日に長野県は松川のリンゴ園に行ってきました。

朝7時までに友達の家に急ぎます。

Dscf1854

名古屋高速から小牧を抜けて中央道を走って行きます。景色がどんどん変わって、紅葉していて綺麗な景色かと思えば、霧にかすんで全く見えなくなったり・・・ 本当に感激しっぱなしでした。

Dscf1857

Dscf1859

Dscf1861 

長野県は果物がよく出来るらしく、梨の木桃の木(収穫が

終わってた)柿、キウイフルーツ、リンゴなど多いですね。

松川で高速道路を下りてしばらく行くと道路の両側にリンゴ園が続きます。素晴らしい景色でした。大東りんご園でリンゴ狩りを楽しみました。

Dscf1960

店の奥に、自宅とともにりんご園が続いていました。手前は黄色い王林の実がぎっしり下がっています。

Dscf1927

でも、案内されたリンゴ畑は赤いりんごがいっぱい!友達のご主人のお気に入りがシナノスィートだというのでその畑で収穫しました。

Dscf1880

でもね・・・もう最後だというので形のいいのは残っていませんでしたが、果汁がいっぱいで甘くておいしかったです。食べてもいいというので、思い切って丸かじり。本当にジューシーで美味しいこと。

畑の中にひときわ実をつけているのが紅玉の木でした。

Dscf1883

食べてもいいよの続きで、真っ赤なりんごを取ったのですが、酸っぱいのです。

Dscf1891

え~ !! 紅玉はお菓子とかジャムを作るのに適しているので酸っぱいのは当たり前・・・。でも、友達が取ったのはまだ甘かったので、農園の人の良さそうなご主人に聞いてみたら、枝先ではなく太い枝になった日当りのいいところが美味しいと。

Dscf1862

じゃあともう一個、やはり違います。紅玉には蜜が入っていました。そうそう、蜜が入るのは、フジと紅玉だけだそうです。

フジとサンフジ、袋が掛けてあるかないかという違いだけですが、最近は袋をかける手間が取れなくて無袋になっているのでサンフジとか。サンフジの方が栄養があって美味しいのだそうです。

Dscf1903

りんご畑の向こうに中央アルプスが広がっていて実にいいところです。面白い話がたくさんあるのですが続きはまた!

ジョウビタキがいるけれど

このごろ変わった鳥の鳴き声がすると思っていたら、ジョウビタキだった。カメラを持っているときは遠くて、カメラなしで植木をかまっていたりすると近くの電線に止まったりと、まるで追いかけっこをさせられている風になっている。

で写した写真がこれです。

Img_13061

遠くて悲しい。トリミングしてもこの大きさ!

Img_13062

ある時はもう少し近づいたけれど

Img_13071_2

トリミングして・・・

Img_13072 

今日も来ていたジョウビタキ、が・・・ 遠かった!

Img_1323

声が聞こえるからわかるけど・・・

2009年2月19日の大高緑地でのジョウビタキはこちらから こんなに大きく撮れると嬉しいけど!

宇野亜喜良展素晴らしかった!

遅くなってしまいました!

宇野亜喜良展

友達は刈谷市美術館に行ったことがないというので道案内を兼ねています。が、刈谷市の南口すっかりきれいになりました。以前行っていた道とは違う道路に道標がありました。駅前からまっ杉に延びる道路は、以前のあったのですが広くなって舗装も終わっています。

大きな看板が迎えてくれます。

Dscf1841unoakira

Dscf18421jpg 

会期が終わりに近かったのでか、ほどほどの人出になっていました。作品数が多くて充実の時間でした。

読書会の志をり制作

読書会の志をり政策も終盤になってきました。今年は自分の原稿だけだからとても気が楽でした。何年ぶりでしょうか。

割り付けに従って冊子にまとめていくのですが、中々大変なことです。パソコンデータに出来る人がいない。パソコンを打てる人は若干見えるのですが本にまとめるのは大変です。いっそパソコンでデータをやり取りできると楽なのですが・・・

パソコンの出来ない人もみえるし、出来ても手書きの原稿にこだわる人など多様です。

出来た原稿をプリントするにはどうするか?コピーする?どこでコピーするの?コンビニ?まぁコンビニなら両面コピーも出来そうだし・・・

でもコピーするには完全な原稿に仕上げなければいけません。ページ数も手書きになると、左右中心に同じ高さに描かなければいけません。はじめは手書きでいいじゃないと言っていた人も・・・これが大変なこと!最少は高みの見物と決め込んでいたのですが・・・なんかな・・・こんなんで・・・大丈夫なんかな?と思い始めたのがいかんかった。

原稿のまとめを引き受けてしまった。

去年はメールでいただいた館長さんと司書さんの原稿ですが、今年は原稿用紙にプリントだったので、B5の用紙に書き写さなければ・・・これはかなりのハードな仕事になります。一字一句同じに打ち直すのです。何度も見直さなければ間違いに気づかないこともあります。

はぁ~ 疲れた!今日はおしまい!!明日にしようっと!

図書館の後、午後から、 券が使えそうにないから一緒に刈谷市美術館に行きませんかと誘っていただいたので刈谷市美術館の宇野亜喜良展に行ってきました。

宇野亜喜良と横尾忠則によだきぼママは影響を受けたのではないかと思うのです。今は絵を描かないので大きなことは言えませんが、絵以外に生活面でもいい影響を受けたなぁと思います。青春時代にイラストレーターだった2人、真似してポスターを描いてみたような・・・

続きは明日・・・

写真は去年11月7日のカワセミ カワセミに会いたいなぁ!

_mg_08021

_mg_07761

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ