« 蝮池のアオジと | トップページ | 厚いくちばしとまあるい体のシメ »

大高酒蔵見学会と大高城下町散策

大高城下には現在3軒の酒蔵が残っています。そのうちの神の井と山盛酒造の見学会です。蔵開きとあってたくさんの人でにぎわっておりました。

Dscf2683

Dscf2684

Dscf2686

Dscf2687

酒の神様、松尾神社が祭ってありました。

このあと蔵出しのまろやかなお酒大吟醸の試飲です。普段アルコールは口にしませんが飲んでみました。フルーティで美味しかったです。

次は、清酒 鷹の夢で有名らしい山盛酒造です。ここは靴の消毒もありましたよ。

Dscf2689

10時を回ったせいかたくさんの人でした。みんなが並んでいるので同じように並んだらそこも試飲でした。蔵出しの大吟醸です。また飲んでみました。神の井とは味が違います。お米は同じ山田錦が使われているようですが、説明書きのようにスッキリしてました。味はよくは分かりませんが・・・濁り酒はほんの少しでしたが、これが甘くて美味しかったです。お酒をいただいたのでこのあと暑くて困りました。

次は、緑区ルネッサンスフォーラムの大高城下町散策です。

Dscf2690

常滑街道の話から始まりました。ついでに鎌倉街道の説明・・・

Dscf2694

Dscf2697

大高に残る大高菜です。作っている農家は少なくなったそうです。純粋な種を取るのがとても難しいのだそうです。雑煮に入れたりするとか。結構背丈が伸びる種類だそうです。

室町時代の城下町散策は続きます。桶狭間の戦いの後大高城は廃城になりました。廃城になった当時、つまり室町の城下町と言うわけです。散策は続きます。

Dscf2699

大高の三軒目の酒蔵、萬乗酒造の前を通ります。

Dscf2701

一般開放しておりません。このあたりは国の文化施設になっていますと。前の2軒の酒蔵は作ったお酒を売るのに蔵開きをするようですが、萬乗酒造は売らないとか・・・天白区に一軒だけここのお酒を扱っているところがあるそうです。一緒に歩いている人が言うには、とても美味しいお酒で、口に含んだ時に舌で味わい、次に喉で味わうんだそうです。輸出もしているそうです。案内の人に伺うと、フランスの③星レストランで飲めるとか。いやーびっくりしました。大高の清酒がフランスで飲めるとは。萬乗酒造のホームページです。煉瓦の煙突が素敵です。

Dscf2700

Dscf2702

手前の井戸は史跡指定のある観音寺の古井戸

Dscf2704

春光院にやって来ました。

Dscf2705

大高山春光院です。以前一人で歩いたことがあるのですが、資料がなく何も分かりませんでしたが、色々情報をいただきました。曹洞宗のお寺であること。国の登録文化財の指定を受けていること。1556年に創建され、大高城主水野大膳が父の和泉守忠氏菩提のため開山、父の法名「春光全禅定門」により春光院と号す。

Dscf2707

建物の奥に狩野派の襖絵があるそうですが最近は見せてもらえないそうです。と・・・突然鐘が突かれ大きな鐘の音がしたのでびっくり。鐘楼には誰も上がっていません。自動で鐘が鳴りました。(>_<)

Dscf2709

大高城跡に来ました。まずは名古屋駅の方を伺いました。春霞で御嶽山や伊吹山は見えませんでしたが、名古屋駅のビルはかすかに見えました。大高城は当時波打ち際に建っていたようです。反対側に回って、向かい側の小高い丘に丸根砦、鷲津砦が見えます。

Dscf2711

Dscf2713

真下には白祐山海岸寺。1574年の開山とか。

大高城を下るのは広い道になっています。これは二の丸跡に作る料亭のためのものだそうです。つまり当時の面影を伝えていないってことです。

大正時代の医院の建物。現在も残っていて、お住いのようなのが素晴らしいことです。

Dscf2715

秋葉社です。

Dscf2716

創建は不祥。昔大高が火上と称していた頃,大火事によっておおくの被害をうけた古事からもうかがえるように,大高は火事が多かったことから、防火の神である秋葉社を祭ったのではないかと言われている。江戸時代にはいろいろの市が立ち,賑わった所である。今でも「辻」と言って大高の祭礼の出発点となっている。常滑街道と師崎街道はここで分岐していた。大高は秋葉信仰に厚く、いまでも毎月の16日に秋葉講を開いて防火の祈りをしている。案内の一部は緑区ルネッサンスフォーラムの資料から。 

秋葉社の近くの公園がかっての役場あとだそうです。このあたりが大高の中心で、江明市場が立ち、宝永(1704~1710)の頃から馬市や諸商いが春秋に30日間づつ行われていたそうです。

長くなりました。読んでいただいて有難うございます。かって、織田信長や、徳川家康が活躍した大高城下町でした。

« 蝮池のアオジと | トップページ | 厚いくちばしとまあるい体のシメ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

そうなんだ 酒蔵開き 2月が たくさん あったような ~ すでに 3月 突入 時間の 経過 早い (感じるだけ) (>_<)

早いですね。もう3月ですね。蔵開きは大高駅から長い列が出来ていました。大高のお酒酒飲みでも美味しいのでしょうね。

先日 名古屋駅から 電車に乗り 金山で乗り継ぎ あれ 金山駅 待てども 電車来ない? 焦りました。(>_<) たしかに時刻表にあるけど まさか 名鉄が 中央を走ってるなんて いままで知りませんでした。(階段を上がり 西側に行くと また JR線が あるじゃありませんか ) てっきり JRだけ 固まっていると 思っていました。焦りが 笑いに なり無事に 現地に 着きました。 (笑)

ハハハ・・・ 面白い!!

あんな駅中々ないでしょうね.JR中央線と、JR東海道線の間を、名鉄の電車が走っている。総合駅になってもうどれくらい経つんでしょうか?とても便利になりました。名古屋市営地下鉄もあってほんに便利です。
昔の話を・・・名鉄はもう少し東の方の坂の下にありましたから、通勤で乗り換える人は坂を走ったり・・・とても大変だったようです。

また いらしてください。 ゴッホ展などもやっていますし、名古屋の見どころはたくさんありますよ!

良く考えたら 名古屋駅と 金山駅間 東海道線本線と 中央本線が クロスしてますネ なにか構造的に 不思議 です。

言われてみればそうですね。
どこでクロスしてたんでしょうね?
今度は気を付けておいて、しっかり覚えます?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/50989099

この記事へのトラックバック一覧です: 大高酒蔵見学会と大高城下町散策:

« 蝮池のアオジと | トップページ | 厚いくちばしとまあるい体のシメ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴