« 桜花舞う城下町をウォーキング 帰りはポケモン電車 | トップページ | 被災地の子供に手作りの品を・・・ »

2011年4月 5日 (火)

お氷上神社の探鳥会で雉を見る

4月3日日曜日は生憎の曇り空。鷹や鷲が出るのは晴れの日が多いと聞いたことがるのでちょっとがっかりです。出かけるのも迷いましたが・・・

桜が咲き始めたばかりのお氷上さんに集まったのは、7人だっただろうか?うち女性が二人。最近の探鳥会は、鳥の確認数が少ないが、気の早い夏の渡り鳥が出てこないだろうかと期待して出かける。待ち合わせの時間にシジュウカラなど集まっていたようです。まずは近くの池からです。

あっ カワセミだ!の声に皆興奮。Tさんと二人でカメラを向ける。フィールドスコープも設置して皆でワイワイと観察。通りがかった小学生二人とお母さんもフィールドスコープを覗いて、きれいきれいの連発でした。子供たちの感動が未来の鳥マニアに育ってくれるといいなぁ・・・

Img_35121

Img_35291

途中ではるかな向こう岸に飛んで行って、なんとそこで交尾したらしい。私のカメラでは確認の写真が撮れない。(>_<)

探鳥会の六分の一の時間をカワセミに費やし、次の観察地へ。でも出ませんね。なぁんにも出ません。

次に出あったのは、シメ。最初一羽が飛んで行ってしまい写真なし。で、案内人が一声をと言うが一羽じゃね・・・ 少し行くとシメが2羽木の枝に止まっていました。これで・・・シメシメ。案内人の期待に応えることができました。(笑)

Simg_3532

土筆が出ていて、これこれと取りだす人が楽しい。

歩いていると、下の方を飛んで行く鳥が・・・・今のは、トラツグミ?追いかけましたが確認出来なかったようです。

学校の周りをぐるっと回っても、ヒヨドリとカラスとスズメとムクドリ。鷲鷹も出ません。曇っているし、なんか寒~い日になりました。冬鳥も夏鳥も見えません。

探鳥会が始まって2時間になろうという時に、なって畑に6羽のツグミです。こんな景色を皆が期待していたんですよ。ツグミももうじき、行ってしまうそうです。

次に聞こえてきたのが雉の声です。畑の方から聞こえました。動いたのは私だけでした。畑の中から、静かに歩いて行き、見つけました。

が、最初の1枚は近すぎてこれ!ぼやけています。テレコン付けていたのでピントを合わせるのも手動です。難しい!

Img_3535

慌てて、下がって狙いました。が、後ろ姿のみ、横を向いてよー! 

Img_3539

↑トリミングしていません。

Img_3541 

中々戻らない私を見にきたつくしのおじさん?いやいやお兄さんと一緒に観察します。「雉も鳴かずば撃たれまいに・・・」と言いながら観察しているお兄さん! 尾羽をピントあげています。

Img_3544

ピント立てた尾羽がかわいいです。トリミング無しです。次はトリミングしました。

Img_3545 

でも、欲しいのは雉とよくわかる横向きの姿!

中々・・・

あっ撮れたかな!↓トリミングしました。

Img_35461

Img_3548

ゆっくり被写体になってくれましたが・・・私の希望するポーズ真横にはなってくれません。みかん畑の中に隠れてしまいました。でも、嬉しいです。

Img_3555

Img_3556

2011年7月大府市で見た雉はこちらです。

その後、ハクセキレイの羽が夏羽に変わっているとか、アオサギのくちばしの色も婚姻色に変わったよとか、聞きながら歩きました。歩いた距離は6キロ。

Img_3560

でも、残りの1時間はあまり鳥は出ませんでした。

確認出来た鳥。カワセミ・カワウ・ドバト・ヒヨドリ・スズメ・ハクセキレイ・ツグミ・カイツブリ・ウグイス・コゲラ・ハシブトガラス・アオジ・キジバト・キジ・シロハラ・ヤマガラ・シジュウカラ・ジョウビタキ・バン・ハシボソガラス・カワラヒワ・ツバメ。

« 桜花舞う城下町をウォーキング 帰りはポケモン電車 | トップページ | 被災地の子供に手作りの品を・・・ »

自然界の生きもの」カテゴリの記事

コメント

セキレイ が いるのは、まだ 水 が 綺麗な 環境ですネ
小魚も 住める環境 かな 。
最近 すっかり 見なくなった イタセンパラ (センタ とも 発言するみたい)
いますか ???

こんばんは
かなり歩いていい運動してますね。昼休みのウォーキングは30分位で散策しながらだったり
あまり運動になっていないのかも知れません。
雉は職場の周りで時々見かけるけど隠れるのが上手いわ!なかなか獲れません。
カワセミはまだ見かけません。

水はそんなにきれいとは思いませんが、魚はどのため池にもいるようで、かわせみを見かけますよ。

イタセンパラは見ませんが、子供が小さい頃は大高緑地の池にもタナゴがいました。牛乳瓶の口に紐をつけて、食パンの耳など入れておくと、もろこに混じってタナゴもとれましたね。今では見ません。何でも上流で農薬をまいたので、産卵する大きなカラス貝が死んでしまったとか。

いつでも歩いているわけではないけど、歩く時はまとめて6キロ、10キロ歩きます。名鉄のウォーキングは月に1回しか行きませんが、野鳥を見るのに歩きます。

今日は暑くて、歩くのは疲れました。今から先も暑くても歩きたいもんです。

雉はそんなに見ないのでこの時は嬉しかったです。野鳥の会の人たちは見る機会が多いらしくて私ほど感激はされません。(苦笑)

きっとカワセミはいますよ!繁殖期に入って忙しそうです。オスは土手に穴を掘るんだそうですから、泥がついて水浴びをするとか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お氷上神社の探鳥会で雉を見る:

« 桜花舞う城下町をウォーキング 帰りはポケモン電車 | トップページ | 被災地の子供に手作りの品を・・・ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ

中馬のおひなさん

  • 3772
    豊田市足助町で毎年開催される「中馬のおひなさん」 2006年2月28日撮影