« ごんぎつねの矢勝川の彼岸花は… | トップページ | 名古屋港 »

ビール工場、酒の文化館、酢の里など盛りだくさんでした。

ウォーキングの続きです。
童話作家新見南吉記念館の庭にはごん狐が待っていましたよ。

Dscf4646

矢勝川の堤防を歩きながら、この堤防が一面彼岸花で真っ赤になるんだよね・・・見てみたいねー・・・と話していました。

Dscf4651

途中には松葉ボタンが満開でした。

Dscf4654

Dscf4668

南吉の生家

次は半田赤レンガ建物(旧カブトビール工場)です。この建物の前に溝があってアメリカザリガニがいっぱいいました。のどかな景色が残っていますね。

Dscf4688

Dscf4678

皆暑いね・・・疲れたね・・・と言いながら旧デザインのカブトビールを飲んでいました。私たちのグループの人もね。黒ビールで美味しかったそうです。

次は酒の国盛 酒の文化館の見学です。半田運河の横を歩いて行きます。運河にはボラの小さいのや亀、クラゲなど泳いでいました。

Dscf4691

Dscf4692

国盛りでは試飲もありましたよ。みんなが飲むので一緒に4.5種類のお酒を飲みました。皆わずか量ですが・・・最後にノンアルコールの甘酒も・・・(本当に酒の好きな人は素通りでした)

Dscf4695

最後は博物館酢の里、ミツカン酢の工場です。入口で卵ふりかけをいただきました。酢が発行するところなど見学しました。その後、売店のある庭で一休み。周りを見渡すと、運河の周りはすべてミツカン酢の工場でした。

Dscf4696

Dscf4698

Dscf4699

ミツカン酢は、お酢はもちろん、ふりかけ、味ぽん、めんつゆなどなど便利に使っています。感謝ですね。

半田駅がゴール、今回も景品をもらえた人そうじゃなかった人。まぁたもらえんかったという人もあって笑います。エコバックをいただきました。

半田はいい町でした。また運河のあたりをゆっくり回ってみたいねーと話しながら帰りの名鉄電車に乗りました。 

« ごんぎつねの矢勝川の彼岸花は… | トップページ | 名古屋港 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

 半田には、祖父の妹が住んでました。よく、野菜などを持ってきてくれましたっけ。遊びに行くと、にわとりが、庭を歩いていて、玄関を入った土間が広い典型的な農家の家でした。
 そこのお祭りに行ったことがあるのは・・・幼かりし頃・・・。黒い塀(板塀でしょうか?)懐かしいな。

 新見南吉の生家も行きました。車の通りがけっこうあるところですよね。でも、一歩、家の中に入ると、南吉の世界って感じで、裏には川が流れていて、思わず、うなぎは取れるかしら?って・・・。南吉の養家もありますよね。全然、雰囲気が変わります。

 今日、一里塚を通ったら、彼岸花が点々と咲いてました。お彼岸、もうすぐ終わりなのに…。今年は、遅いですね。でも、よく、毎年、律儀に咲くものだな~って思っちゃいます。

お久しぶりです。昨日健悟君のお父さんとラグビーの試合をしました。都城高専obとの試合でしたが、若さと馬力で頑張っていましたよ。私は脳しんとうをおこし、途中リタイアでした。今度は花園か東京で会うことにしました。

かなりハードなラグビーだと思うのですが、年齢じゃないんですね。11月には名古屋支部の同窓会があります。その頃には花園も決まりますね。大いに期待してます。花園でお会いしましょう(*^o^*)

半田はいいところでしたよ。農地がかなり残ってました。新美南吉記念館の辺りはスーパーが出来てビックリでした。


運河沿いはゆっくり歩いてみたくなる素敵な場所でした。釣りを楽しむおじさんを羨ましく思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/52830707

この記事へのトラックバック一覧です: ビール工場、酒の文化館、酢の里など盛りだくさんでした。:

« ごんぎつねの矢勝川の彼岸花は… | トップページ | 名古屋港 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ