« 大雨が降りだした! | トップページ | ごんぎつねの矢勝川の彼岸花は… »

東海北陸自動車道を通って五箇山へ

昨日行われた、星崎診療所のウォーキングは目的地が、富山県にある世界遺産五箇山でした。知り合いたくさんと友達3人で出かけました。バス2台です。

前日に体調を崩したよだきぼママですが、お医者さんの言葉をしっかり信じて水分を取り、トイレに通い頑張りました。当日の朝は早く起き早く朝食を食べ、なるべく早く薬を飲みました。そのお陰でしょうか、まずまずの体調です。

8時にバスは出発、東海北陸自動車道をひた走ります。目的地まではおよそ3時間の予定、途中岐阜県郡上市にある瓢ヶ岳(ふくべがたけ)パーキングエリアでトイレ休憩をしただけで目的地まで・・・・途中は山の中、トンネルが続きます。ガイドさんの説明によると、下り線になんと56 あまりに多いので 25/56などと表示があるそうです。自分の目でもその数字確認出来ました。中でも日本で2番目に長いトンネルを通りました。2008 年7 月に開通した飛騨トンネル全長が10.7km。ガイドさんは1万700mと繰り返していました。対面通行トンネルとして日本で一番長いそうです。ガイドさんは信号のあるトンネルとも言っていたように思います。

トンネルの間に広がる、周りの山が美しい。重なる山の色が微妙に違っていてなんとも言えません。友達の一人は美濃市の出身なので2人で山に歓声を上げていました。

五箇山ICを下りたバスは五箇山の合掌造り集落 菅沼合掌集落 相倉合掌集落の中を通ってウォーキング出発地へ向かいました。

最初に見たのはこれ・・・懐かしいです。周りからも同じような声が聞こえてきます。

Dscf4602

段々に積まれた野面積みの石垣の素朴さに魅かれます。

Dscf4601

点在する合掌造り・・・皆さんここで生活されているのがいいですね。

Dscf4603

一つの集落を過ぎると山道が続きます。クマが出るとか・・・途中にくるみの実が落ちていました。それも所々にそれなりにです・・・

もう少しいろいろ野生の花があるように思っていましたがちょっと期待はずれでした。

Dscf4604

Dscf4607

Dscf4608

Dscf4619

上から尾花、ヒヨドリバナ?、ツリフネソウ。ヒヨドリバナについて調べてみましたが、はっきりしません。茎は白く葉は対生しているような気がします。

木陰は涼しくて気持ち良かったですが、日向は直射が暑かったです。その中を歩くのだからちょっと大変でした。途中、休憩すると動けなくなりそうで歩き続けけました。ゆっくり、カマキリを見たり、かぶと虫の死体を確認したり・・・女郎蜘蛛の美しさを話していたら、一人が足は6本までよーと・・・ 蜘蛛が大の苦手だそうです。ゴキブリより嫌いだとか・・・

富山県の有形民族文化財の流刑小屋も見に行きました。上り坂の途中の階段を上って木の下にありました。

Dscf4614

中には裃をつけた武士が・・・人形がありました。
この流刑小屋は御縮小屋といい、江戸時代に加賀藩の流刑地として8ケ所あった流刑小屋の一つ。1963年(昭和38)の豪雪で倒壊したため、現在あるのは、1965年(昭和40)に復元されたもので、間口2.8m、奥行3.6mの小さな茅葺き造り。入口の柱には、20cm角の食事差し入れ口が開けられ、ここから食料を罪人に与えていた。

さぞかし寒かったでしょうね!

Dscf4616

途中の普通の民家に咲いていた白花のギボウシです。大きな花で全体の大きさが25cmくらいもありあました。とてもきれいでした。

Dscf4617

この豆の花もきれいでしょう!四角豆の花です。四角豆、名前は知っていますが食べたことはないかな?

途中の山も美しかったですが、庄川の流れの色が絶品でしたね。晴れていて本当に良かったです。

Dscf4610

Dscf4622

Dscf4623

Dscf4624

最後の写真は昨日の村上家。国指定の重要文化財になっています。

Dscf4625

天正年間に建てられた、築400年以上の合掌造りだそうです。天正年間ってわからない人も多いかと思い調べました。自分も確認するために調べました。天正年間は1573年から1592年までの期間とありました。

一説によると織田信長が、公卿や朝廷を通じて改元させることに成功した元号とか。それは置いといても、信長の時代に建てられた建物ですか?今でも大事に守らているのは素晴らしいですね。

6キロのウォーキングは無事に終わりました。

« 大雨が降りだした! | トップページ | ごんぎつねの矢勝川の彼岸花は… »

ウォーキング」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 無事に行けて、よかったです(o^-^o)
 暑そうだけど、雨にならなくて、よかったですね。一日ずれてたら、今日みたいなことにshock

 五箇山は行ってみたいのですが、交通の便を考えると…。のんびりと、深呼吸したくなるようなところですね。流刑小屋だけは、勘弁してほしいけど・・・。

ヒャ~ 1600年より 古い 織田信長とは、… !

こんばんは~♪
6キロも歩いたの!タフだな~ でもこんなにいろんな物を見ながらだと楽しいわね。

今では見られないようなのどかな農村風景いいですね。

ヒヨドリバナとあるのはオトコエシだと思うのですが。。。調べなおしてみてネ!!

観光バスは安くて目的地に行ってくれるので便利かも…一度来てください。自然がいっぱい。その中を歩くのは気持ちのいいものでしたよ。

花をさがしながらだったせいかあまり距離は感じませんでしたよ。

花の名前有り難う!! そう言えば咲きようがオミナエシですね。大高緑地にひよどり花が有ったかも知れないので確認してきます。

本当に素晴らしい日本建築ですね。
地震にも大雪にも耐えて・・・現存する合掌造り。
雰囲気もいいですし・・・生活の場というのがいいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/52775122

この記事へのトラックバック一覧です: 東海北陸自動車道を通って五箇山へ:

« 大雨が降りだした! | トップページ | ごんぎつねの矢勝川の彼岸花は… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ