« この実は? | トップページ | 大高散策と安祥城址 »

豊橋まで尾崎慎氏の彫刻展行ってきました

尾崎氏の彫刻展も残りわずかになりました。早く行こうと思いつつも今日になってしまいました。友達と二人です。二年前の豊橋丸栄の尾崎氏の個展の時はすれ違って一緒に行けなかったのですが今回は最寄りの駅からずっと一緒に行くことが出来ました。先回の様子はこちらです。作品もありますよ!

JR東海は豊橋往復切符が便利です。平日は往復で100円しか安くなりませんが、土日なら300円のお得です。

豊橋駅丸栄は駅から歩いてすぐです。個展を始めて記念の40回目だそうです。40回も個展を開いている方は多くはないそうです。(^^♪

Dscf4776_2

ゆっくり作品を見せていただきました。本当に素晴らしい。

出迎えてくれるのは・・・

Dscf4773

Dscf4774

Dscf4775

会場に入ると・・・

Dscf4747

Dscf4748

Dscf4752 

先回と雰囲気が違います。あれっ・・・何故かしら?

・・・ 子供の彫刻がありません。どうされたんでしょうか?子離れされたのでしょうか?「子供の方が親離れしたんですよ!」って。子供の成長は早いですからね。

Dscf4749

Dscf4751

この穴はブラックホールにつながっているような気がしました。

Dscf4755

私のお気に入りは↓こちらです。よくわかりませんが大胆な感じが好きです。

Dscf4757

Dscf4758

Dscf4768

この2体は並べてみたくなりました。

今回大きなのは一体でした。この二人はどちらが女性かしら?中にいるのが女性で惚れていると思うと友達に言うと・・・返ってきた答えは 小さくなっているのが男かもと。いやー面白い考えですわ。まったく固定観念の強いよだきぼママです。

Dscf4771 

Dscf4772

宮崎で見たものも展示されていました。高鍋の街にあるのと一緒!!懐かしかったです。

Dscf4764

静かないい雰囲気の中でいただいたお茶がとっても美味しかったです。その後尾崎氏と昼食をいただき、北海道とカナダの雪像作り、カナダの寒さのこと、子供のころのお話やらお聞きしました。面白いお話でした。

豊橋丸栄の尾崎慎氏の個展は明日までです。

« この実は? | トップページ | 大高散策と安祥城址 »

展覧会」カテゴリの記事

彫刻」カテゴリの記事

コメント

 大きな一体、私も、中にいるのは、男性だと思いました。というよりも、大きなほうに、母性を感じてしまいました。だから、中にいるのは、子供かな?とも。最後のは、少し大きなほうが、男性で、小さなほうが、女性で、お互い、支えあっているって感じ。
 冬のカナダ、寒いでしょうね・・・。でも、家の中は暖かかったりして? メープルシロップは、冬に樹液を集めるんですよね。う~~ん、ついつい、食べ物の話になってしまいます。

JR の 土日割引 って ? 距離に 関係 ありますか ?

桑名 から 名古屋 まで 関西線 (近鉄 より 安い ) 一部 単線 ダイヤ ばらばら 安いから 利用しますが

久しぶりにお会いしたので話が弾みました。こちらの食べ物はワタリガニを取ってたべると言うもの。ワタリガニ美味しいですが、大きいのはけっこう高価ですよね。自分で取れたら最高だろうと思います。

大きな彫刻… 親子かもしれませんが、会場の雰囲気から(他にも子供の像がなかった)男女を感じました。

作家さんの思いと観る側。どうなのかな。大きなのが女性が当たりかな?

JRの割引、又は私鉄の割引って、競合相手のあるなしで決まるのでは。桑名―名古屋 豊橋―名古屋はそれぞれライバルがありますよね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/53083917

この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋まで尾崎慎氏の彫刻展行ってきました:

« この実は? | トップページ | 大高散策と安祥城址 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ