« ごちそう | トップページ | 寒い朝 »

奥矢作の見事な紅葉と童謡2曲

Dscf5182

美味しい食事の後、まっすぐに帰る予定が運転手さんのお誘いはミステリーツアー?行き先も言わずに車を走らせて・・・一曲歌いましょうかと、午前中の♪ふるさとに続いて、♪もみじでした。

秋の夕日に照る山もみじ
濃いも薄いも数ある中に
松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は
山のふもとの裾模樣(すそもよう)

溪(たに)の流に散り浮くもみじ
波にゆられて はなれて寄って
赤や黄色の色さまざまに
水の上にも織る錦(にしき)

楽しい解説が付きます。

見事なかえでの紅葉や銀杏の黄葉が続く中、走るバスの中から写真を撮りました。

Dscf5186

着いたのは、矢作第一ダムでした。この時期放水しているのは珍しいことだそうです。ダムは満水ではありませんでした。なのに何故放水しているのか?上流で工事をしているからでしょうか?高さ100メートルのアーチ式コンクリートダムだそうです。上から見ると怖いくらいの高さです。左岸は愛知県、右岸は岐阜県恵那市串原だそうです。ここは県境なのですね。

Dscf5189

Dscf5188

運転手さんはまだ先に進みます。

Dscf5197

着いたのが恵那市串原の大野公園?串原郷土資料館は休みだったけど、紅葉の美しさに皆おおはしゃぎ!!

Dscf5215

Dscf5229

Dscf5233

Dscf5220

Dscf5227

このあともまだ紅葉見物は続きました。帰り道、緑公園でちょっと寄り道!桜がきれいです、ドウダンツツジも真っ赤になっていました。

三曲目の童謡は、♪赤とんぼ でした。

1) 夕焼け小焼けの 赤とんぼ
  負(オ)われて 見たのは
  いつの日か

(2) 山の畑の 桑の実を
  小かごに摘んだは
  まぼろしか

(3) 十五でねえやは 嫁に行き
  お里の 便りも
  絶え果てた

(4) 夕焼け小焼けの 赤とんぼ
  とまっているよ
  竿(サオ)の先

この歌詞の意味、わかりますか?

現代の子供たちはもうこんな体験はしないでしょうね。運転手さんの 忘れないでくださいね!は印象的でした。宮崎県出身の運転手さんの黒木さんありがうございました。お元気でいてくださいね。

お天気はいまいちでしたが、暑くもなく、寒くもないいい日になりました。次はどこに連れて行ってもらえるかな?とても楽しい旅でした。♪(^O^)

« ごちそう | トップページ | 寒い朝 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント



小原 の 桜 も 見たいな (^O^)

今年は近場でも紅葉も黄葉も良かったですね。
特に桜が・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/53433076

この記事へのトラックバック一覧です: 奥矢作の見事な紅葉と童謡2曲:

« ごちそう | トップページ | 寒い朝 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴