« 豊明花き市場 | トップページ | 雨の中の彦根城散策 »

低気圧が近づいているのに近江を訪ねる旅 近江八幡

女性会の元メンバー9人で行く青春18きっぷの旅です。だいたいがウォーキングボ仲間です。前日の土曜日まで天気予報を何度も何度も確認して、今なら切符の払い戻しが出来るけどどうしようかと悩みましたが。

長いこと待っていた近江への旅。昨年伊吹山に行った時に一人だけ彦根城に行きたいと意見が出たのでその時から待っていたのです。でね・・・みんないきたぁーいということになりました。

近江八幡駅からタクシーに乗りました。着いた所に有名なたねやさんがあったのでまずそれを買ったりしていたら11時になりました。観光する前に食事をしようかということになりました。近江牛がお勧めなのでしょうが、結構なお値段です。町中を歩いていて見つけたお店に入りました。

かやくうどん定食です。(当日1枚目の写真がこれ)サラダ、漬物、冷ややっこがついて900円。

Dscn1234

とっても美味しかったです。入った時は貸し切り状態だったのですが、すぐに地元の人で万席になりました。30人くらいはいたかも・・・ 地元に愛されるお店でした。

満足した私たちは豊臣秀次の居城にロープウェイで登りました。

Dscn1236

Dscn1237

城跡に着きました。

Dscn1238

私たちのガイドさんではありません。

Dscn1240

Dscn1243

山桜の向こうに見えるのは琵琶湖

Dscn1245

もっと高い所から見た琵琶湖

Dscn1246

大好きな野面積みの石垣

雨が強くなってきたので早々に下りて来ました。傘を持たなかった人が二人。低気圧が通り過ぎた後なので雨が降っても小降りだろうと思っていたらとんでもないことになってしまいました。

Dscn1250

歩きたかったのは堀だったのですがちょっとだけ・・・

Dscn1253

Dscn1257

桜は前日満開になったとか、とてもきれいな桜でした。

Dscn1258

雨が降っていないときにゆっくり歩いたり舟遊びをしたいねーと。よだきぼママは近江八幡2度目です。その時は晴れていたので船に乗りましたが城跡は初めてでした。秀次は10年いたそうですが、慕われた城主だったそうです。

豊臣秀次
1585年、18歳にして近江43万石の領主に任ぜられた豊臣秀次は、信長亡き後の安土城下の民を近江八幡に移し城下町を開きました。自由商業都市としての発展を目指して楽市楽座を施行、城の防御である八幡堀を琵琶湖とつなぎ、往来する船を寄港させるなど、秀次はわずか5年の八幡山城在城の間に、商いのまちとしての繁栄の基盤を築いたのでした。若くして悲運の最期を遂げた秀次ですが、近江八幡の開町の祖として市民に慕われており、彼のまちづくりにかけた情熱は、今日、八幡堀や町並み保存運動をはじめとする歴史を活かした近江八幡のまちづくりに受け継がれています。こちら から情報をいただきました。

« 豊明花き市場 | トップページ | 雨の中の彦根城散策 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

秀次 最後 自害って
むちゃくちゃな !

それだけ 真剣に
取り組む 意志なんでしょうか ?

緑区の あの〇員 ×

天下人も人の子 
わが子は可愛かったみたいですね
それにしても非情なことですね。

秀次の墓は京都の瑞泉寺に残っています。
それに大きな石碑も建っています。

こんにちは。通りがかりです。

かやくうどんが食べたくなって探していたんですが、思わぬ写真に遭遇しました。

うまそうやなあ。
ますます食べたくなってきたわ。

通りすがりでもコメント嬉しいです!

たぬき・きつねは知っていますが、かやく うどんはお初でした。
量が多かったのですが食べれましたよ。(笑)

地元のこじんまりしたお店はお勧めなのかな?
長浜にもおばあちゃんと息子さんがやってみえる親子丼などの美味しいお店があります。
少しは有名なのですが昔ながらの小さなお店です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/57145739

この記事へのトラックバック一覧です: 低気圧が近づいているのに近江を訪ねる旅 近江八幡:

« 豊明花き市場 | トップページ | 雨の中の彦根城散策 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ