« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

思いっきりテニス!

昨日はいい天気だった。コンビニのバイトが終わって、郵便局の用事を済ませて、診療所に機関紙健康の友を取りに行った。内容を確認することもなく、医療生協の班会 手作りの会に行く。

たくさんウールの着物をいただいた人が有って何か作ろうということで、ほどき始めた。が、ウールの着物はミシンで縫ってあり午後までかかっても1枚ほどくのがやっと。

3時からはテニスの振替。先週用事でバタバタしているうちに忘れてしまって、ボケの始まりかと思う。好きなことを忘れるようじゃね。

昨日はテニス頑張った!

コートに着くと、支配人コーチが迎えてくれて、今日は一人ですよって。えっ・・・・何で・・・ レギュラーのお一人が病気でやめられたとのこと。健康診断大事だなぁと思った。

Sn3s1120

誰もいないコート!コーチとマンツーマンなんて二度とないだろうなぁ。頑張って、ウォーミングアップ。サーブ!足が動いてないとコーチの檄が飛ぶ!あははは・・・いい歳なんだからね~ もともと足は遅いんだから。亭主がテニスが出来ないというほどにね。

ずっとコートの中はね、面白いけど大変。二人でもずっとコートの中だけど、休憩が自由に取れる一人の方が楽だろうな。とか いろいろ思いながら試合に臨む。

点数の入らないことをラブと数えるがそれだけは嫌だなぁ。あわよくば勝ちたい。 負けたらブログに書くでしょうって言いながらコーチは甘いボールを打ってくれない。

5試合やって、ジュースが2回、でもひと試合も勝てなかった。亀の甲より年の功と言いながら、きわどい隅っこに打ったりとラブゲームもなかったぞー。

来月からコーチのシフトが変わると聞かされてやる気がダウン!支配人コーチは北海道にテニスを教えに出張でいないし・・・名刺をいただいても・・・(>_<) 

帰り道の天白川にかかる大星橋からの夕日。

Sn3s1122_2 

紅葉の始まった葦毛湿原

葦毛湿原に入ると景色が違っていました。

Dscn2671

Dscn2690

湿原に一人で入るのは怖い気もしますがそこそこに人がいるのでひとまずは安心。浜松から来た人にも会いました。

Dscn2669

Dscn2689

スイラン

Dscn2670

ノリウツギ

Dscn2678

ミミカキグサが観たかったのですがこれも好き!右下に写っているのがミミカキグサ。コンデジも難しい。デジイチも持って行ったのですが、被写体に向けると変。写らない。どうしたのかな。カードを認識してないようなので、あらあら使いすぎたかなと他のカードに変えても認識しない。えーっ写らんの!!壊れたのかなとコンデジで写したのです。ちょっと悔しいけど、仕方ない。写らんのだからね。

Dscn2679

とりあえず写して帰ればトリミングが出来るだろうと思い撮ったけど、パソコン画面を見てがっかりしています。

Dscn2692

りんどうが咲いていました。遠いので20倍にしてパチリ

Dscn2693

光学でないズームは荒いですね。サイズを変更しただけでトリミングはしていません。ワレモコウに至ってはピンが全然きてません。小さいものをズームで撮る難しさ。デジイチなら個別にピントを合わせれるのにと・・・・

Dscn2697

Dscn2699

サワヒヨドリ

Dscn2700

ふわふわのミズゴケ

Dscn2702

サワシロギクは終わりがけで花びらの色が変わっています。

Dscn2704

コケオトギリ?の紅葉

Dscn2709

ミミカキグサ 何度も挑戦してみましたが・・・

Dscn2718

サワギキョウ

Dscn2719

イワショウブ

Dscn2721

シラタマホシクサ

Dscn2728

スプーンの形の葉はトウカイモウセンゴケ

前日の雨を集めて流れるので渡る場所によっては歩くも大変でした。ずぶずぶとはまりそうになったりしました。

Dscn2731

Dscn2732

冬いちごの蕾ももうすぐ開くでしょう。

Dscn2734

ひっつき虫の雑草 名前が?

Dscn2738

ミゾソバ

Dscn2739

Dscn2742

ヤマラッキョウ

Dscn2743

ノリウツギ

ウメバチソとかツルリンドウとか咲いててもいいのに見つかけられなかった。半日くらいかけるともっと楽しめそうでした。双眼鏡も持っていたんですが渡り鳥の声が聞こえて来ませんでした。

話は違いますが昨日今年初めて木犀の香りがしてきました。随分と遅い開化の気がします。

尾崎慎氏の石彫展行ってきました。

昨日のこと。バイトが終わって洗濯物を済ませ、気になっていた尾崎さんの展覧会に行くことに決めた。すぐに大高駅に行ったが、ホームに行く途中で電車は発車してしまった。でも15分後にはまた電車はくる。ほんとに便利な東海道本線。大府駅で快速に乗り換え、豊橋に着いたのは12時を回っていた。石彫展も気になるけど、豊橋まで来たらもう一つくらいは欲張りたいと葦毛湿原に行くぞーとバスを待つ。でもここでも行ったばかりだったようで30分くらい待った。

葦毛湿原の話は次回にして石彫展。

ほのくに百貨店の展示室は無人だった。係りの人はすぐに、尾崎さんを呼んでくださったけど。その間に写真を撮らせてもらった。

正直なところ、今までと違う作品をこんなに見せてもらえるとは思ってなかったので感動した。

動きのある色香の漂う作品がいい感じだった。

Dscn2767

Dscn2768

ショーウインドーを飾る2点。

Dscn2750

こちらは大作

Dscn2749

Dscn2764

Dscn2752

Dscn2754

Dscn2756

Dscn2757

Dscn2762

Dscn2760

今までの作品は品行方正な・・・という感じがしていた。

Dscn2758

Dscn2761

Dscn2759

Dscn2762_2

Dscn2763

街角の猫 と おどけ猫 もいました。Dscn2747

ホワイトキャット2匹もかわいい!

Dscn2748

すぐに尾崎さんは帰って来られたので久し振りにゆっくり話しが出来ました。その間に、男性のお客さんが一人みえて作品をご覧になっていました。

作風が変わったこと。毎日作られている粘土の日記彫が影響しているらしいです。アイデアが次々に出てくるということです。刈谷市の知り合いの話、蛭川のこと、鮎釣りのことなど。

今度会えるのは名古屋ですかと尋ねると豊田市だということでした。駅近くの豊田画廊だそうです。

尾崎さんの明るい未来が見えた気がして嬉しい展覧会でした。

会場は静かで時間の流れもゆっくりな気がしてましたが、そうでもなかったようで、外に出たら、夕方になっていて時間の早さを実感しました。

Dscn2770

Dscn2771

豊橋市の路面電車。

尾崎慎さんの石彫展は明日23日(水)まで
豊橋市 ほのくに百貨店です。

16万のアクセス有難うございます!

2006年7月16日に始めたこのブログ、13年も過ぎて、おいで頂く方も16万。まさに継続は力だと感じています。

とびとびの更新になっていますが、好奇心は衰えていませんし、気持ちも若いままです。 ただ・・・ちょっと忙しくしております。

ご覧いただいている皆さん有難うございます。
そして、これからもよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

Anko

刈谷市美術館の中原淳一展と豊田市美術館の反動力展

先日美術館のはしごにぼんやりっこさんと行ってきました。刈谷市美術館と豊田市美術館です。JR東海の東海道本線と名鉄三河線に乗りました。電車好きにはいいコースです。電車の種類は多くないのですが、三河線は名鉄カラーの赤い車両です。何とも言えない名鉄らしい電車。

刈谷市美術館は生誕100周年を迎えた中原淳一展です。60歳になったよだきぼママは、この人のスタイルブックに憧れたものです。この女の子懐かしいです。

Dscn2598

Dscn2600

スタイルブックを再現された洋服があり、写真OKなのでした。

Dscn2601

Dscn2602

子供部屋

Dscn2604

Dscn2605

とっても綺麗でした。あーだこうだと二人で楽しく鑑賞!!
アイメークが浅丘ルリ子に似ている絵もありました。女優さんはファッションリーダーですから直接指導をうけたりと影響があったのでしょうね。メッセージも展示されていました。
当時の女性雑誌 ソレイユもたくさん並んでいました。

思いがけずいい展覧会でした。11月3日日曜までです。若い人も是非ご覧ください。楽しかったで~す。

刈谷駅に戻って焼きたてパンを買って、三河線のホームに行くと電車は行ったばっかり、待合室でパンを食べて時間節約!!豊田市美術館には素敵なレストランがあるのですが・・・またの機会に。

刈谷駅から知立駅に行き、三河線に乗り換え豊田市まで。単線ですから駅で列車がすれ違います。

駅からは三河線沿いに作られた水が流れる通路を歩いて行きました。オイカワかハヤが泳いでいました。豊田市はトヨタ自動車が発展することを願い挙母(ころも)市から豊田市になったそうです。 世界のトヨタを考えると豊田市大正解ですね。

Dscn2608

小高い山の上にある美術館からは、豊田スタジアム、猿投山など見渡すことが出来ます。今回の展示は、“反動力” はてどんな展示なのか興味津津!!展示がイマイチでも広がる庭が素敵なので友達を案内するのにはいいところです。 裏の方から入ります。

Dscn2607

一人ひとりの展示スペースが贅沢にとってありました。

Dscn2609

Dscn2610

中村竜治(建築家)  ダンス 私たち二人は作家の根気の良さに感服しながら、色々と作品の意味を考えてみるが???

Dscn2612

Dscn2613

これも凄かった。9.5メートルもの高さのある部屋の四隅からテグスに通したビーズが下がっている。どうやって作ったの?何の意味を持たせた作品なの??ただビーズが通してあるのではなく動かないように2回通してある・・・摩訶不思議な作品。

内藤礼 光や闇、風、空気の対流、水などの自然の要素や、布や糸、ビーズなど、物質的はごくわずかなものを用いて、かえって空間を豊かで静寂な生気で満たす・・・・解説書の一部 小さく愛おしいものに出会う。

16作品の展示があったが、庭を使った霧の彫刻は見たことのないものだったが刻々変わる霧に感動。現れては消える霧、風向きによって姿を変える霧。青空にスッキリよく映えてい無限を感じた。

Dscn2623

Dscn2625

Dscn2631 Dscn2642

Dscn2644

Dscn2650

Dscn2651

Dscn2654

やがて霧は終わり元の美術館に戻った。

Dscn2618

私らも現実に戻り、茶室「童子苑」でお抹茶を戴く。

Dscn2656

Dscn2659

正面入口

Dscn2663

Dscn2664

気持ちが豊かになって観る萩の花は格別。 いい日になりました。ぼんやりっこさん有難う!

セントレアの名鉄ウォーキングと大きなキルト

先週6日は友達と歩いてきました。
宮崎に飛び立った中部国際空港、ぐるっと一回り、7,5キロだったか2時間たっぷり。真夏日になった10月6日まぁ言いようのないほど暑かったですね。

愛・地球博の時に出来た空港は10年たったようですが、植栽もまぁだ大きくはなく、日影が少なく暑い暑い!!

魚釣っておじさんに何が釣れるか聞いたりしながら楽しんで歩きました。

Dscn2543

Dscn2545

飛行機を見上げるのが一番だったでしょうか?あんなに巨体が何故飛ぶ・・・とか言いながら歩きました。

Dscn2547

Dscn2548

東横インではダリの彫刻に!!

Dscn2555

高速フェリーは三重県に

Dscn2558

Dscn2560

Dscn2561

もうすぐ到着!!

Dscn2563

Dscn2565

ウォーキングが終わって完歩シールをもらうのに30分以上かかかるというので先にお昼を。オリエンタルのカレー弁当。友達はカレーオムレツ!!オリエンタルカレーって名古屋でしたよね。うろ覚え???

飛行場にいるんだからとデッキに見に行きましたが、お陽さまが元気で暑いこと。宮崎行きのところは飛び立ったのか空いているみたいです。

Dscn2570

Dscn2571

DELTA航空飛び立ちます!

Dscn2572

右手向こうは三重県四日市のコンビナート?

Dscn2575

Dscn2576

こちらは国際線 珍しく飛行機がいませんね。

Dscn2578

Dscn2581

一階にあるギャラリーにも行ってみました。

Dscn2584

Dscn2585

Dscn2587 

Dscn2588

Dscn2590

Dscn2593

Dscn2594

Dscn2595

素晴らしい大きなキルトがたくさん!!チョー感激!!

ps 帰りの電車の中から、りんくうに出来た大きなスーパー コストコ?を見つけて・・・あそこだよーと!!

母との話は尽きない

宮崎滞在3日目は兄の作った野菜をたくさん持って高鍋在住の友達のところへ。もう一人もやって来て昔話やら近況の報告やらたくさんおしゃべりして・・・

家政科の同窓会を11月30日にやるよと聞きました。参加出来るかな!!

その後、夕食を買って連れ合いの在所へ。そこで泊り。朝早くに犬と散歩。犬は2匹いたけど年寄りの方と散歩。若いのは走るとついていけないから諦めて、顔が何とも可愛いのでパチリ。

Dscn2513

Dscn2515

宮崎は柿も熟しはじめていて鳥の声がたくさん聞こえました。その一羽が百舌鳥。高い杉にとまっていますが、コンデジでは難しい写真です。かろうじて証拠写真!

Dscn2512

時の経つのは早いもので4日目。家の周りをうろうろしたり、なんてこともなく母の傍で過ごす。

Dscn2534

Dscn2535

Dscn2536

野菜と栗とお土産いっぱい貰って名古屋へ。

Dscn2538

恩師とのランチと高鍋湿原

ランチは高鍋農校の麦を使ってあり、とても人気のパンがお代わり出来るという四季亭のレストラン。

ラグビーで知り合いになった山ちゃん(さんもつけたいくらい尊敬しているのですが響きが妙なのでお友達みたいにちゃんづけで失礼します)と、体育の先生黒岩先生と4人で食事です。黒岩先生のことは山ちゃんにお願いしました。

先生は背筋がピンとしていてお元気そうでした。母と変わらない80歳越えです。恩師に会えるのは一番の楽しみです。一気に15歳の高校入学時に帰れます。男子生徒も山猿とおっしゃってたみたいですけど。何だったのでしょうか?30代の先生と子供みたいな一年生。やっぱりそのころの私たちって猿だったのかな?

とにもかくにも元気に走らされた体育の授業!!特に覚えているのがラグビーと小丸川の持久走と。

Dscn2452
古代米とチキン 美味しかったです。

食事の後、先生を高校の横の自宅近くまで送って行ってお別れ。すぐそばに町営球場があってそこには美術部の教師で野球部の監督だった平原先生の像があります。黒岩先生は平原先生の描かれた絵を持っていらっしゃるというので驚いたり、羨ましかったり・・・

Dscn2454

こんな顔じゃったかね~とか言いながら思い出の中へ。

Dscn2456

背中には美術部の先輩の田中等さんの名前があります。モデルの先生も彫る先輩も幸せですね。周りには彼岸花が咲いていました。

次は高鍋湿原へ。

Dscn2458

Dscn2462

Dscn2470

Dscn2478

野栗を拾いに行くといつも咲いていた。

Dscn2495

Dscn2483

Dscn2481

Dscn24961

ピントが合っていないけどミミカキグサ

Dscn2491

黄色い花もミミカキグサ

Dscn2506

湿原らしい花が咲いていました。トンボやチョウも飛んでいたけど写真には撮れませんでした。(;一_一) 百舌鳥もいたんですけどね。

初めての高鍋大師

宮崎滞在2日目は高校の時の友達日向人さんと待ち合わせ。バスも通らなくなった田舎。迎えに来てくれるというから有難い。

まずは高鍋大師へ。盗掘された持田古墳群の古墳の霊を鎮めるため岩崎保吉翁が私財を投げうち半生をかけ、自ら造像したものです。なんともユニークです。詳しくはこちらから 検索して初めて知ったのですが、ボランティアガイドの会の渋谷イクさんは小学校の時の先生です。懐かしかったです。

兄は遠足で来たといいます(イク先生と来たのでしょうか)が、私は来たことがなくじっくり石仏を見るのははじめてです。初めて見たという印象ではなく親しみを感じました。10号線から見えるからかしら。

Dscn2362

Dscn2373

Dscn2365

Dscn2384

Dscn2378
歯のある像、面白いですね。

Dscn2393

Dscn2442

Dscn2374

向こうに見えるのはJR九州日豊本線の小丸川鉄橋。

Dscn2376

Dscn2419

神仏混合の石像は700体もあるというから驚きです。

Dscn2445

近くにはこんなに大きなきのこがありました。食べられるのかな?

前日、寄り道して会った友達から、共通の友達Kさんのお父さんが亡くなったことを聞いたので、線香をあげさせてもらおうかと自宅に向かった。

お母さんが一人で留守されていて、最初は怪訝な感じだったが何とか思い出してくださった。最近変な人が多いからと・・・こんなことは都会も町も変わらない。物騒な世の中になりましたね。線香を上げた後、すぐにKさんと妹さんが帰って来てひとしばらくおしゃべりに興じました。還暦を迎えると、いろんな経験からか人は逞しくなるものだとつくづく感じた次第です。

40年ぶりの中学同窓会

蚊口浜を散策した後、時間があるので宮崎交通のバスに乗ってみる。自分がバス通学をしていた頃に比べて極端にバスの便が悪くなっているのに驚く!人口が減ったのか、子供が減ったのか、車に乗る人が増えたからだろうか?バス停の位置も変わっているので降りるのにも戸惑う。

石井十次像の標識にしばし歩くと、

Dscn2334

ありました。郷土の偉人、石井十次は日本で最初に孤児院を創設した人物で「児童福祉の父」と言われ、社会福祉事業の先駆者です。詳しくはこちら

Dscn2339

昭和56年 宮本隆作

その後、変わってしまった町を歩きました。目的地は、津久見屋果實店。暑い日だったのでフルーツパフェをいただき少し話をしました。

津久見屋の横の尾崎慎氏の作品

Dscn2341

他にもたくさんの彫刻作品が増えていました。彫刻で町起こしらしい。素敵な発想、彫刻が好きな自分には次の里帰りも楽しみだ。

同窓会の会場は亭主が刺身が美味しいと言っていたおすし屋さん。同窓会は恩師がお一人と33人。すぐにわかる人、聞いてもわからない人、話をしている間に思い出すことが出来た人など様々。三重県四日市に住んでいる人がいた。一番近い人は名古屋にいるけど今回は不参加。

同窓会は成人式の頃に参加して以来でした。ほっとしたのが、小さくていじめていたN君がとっても明るく元気そうだったこと。

初恋の彼もいたけど、おじさんに・・・まぁ自分もおばさんになっているんだからと実感する思い。

近所だったMさんが席を代わって横に来てくれたのでおしゃべりに花が咲いて楽しかった。みんなおじいちゃんやおばあちゃんになっていて、孫の話も。羨ましいようなそうじゃないような変な気持ち。

Sn3s1084

写真は宴のあと。(笑) 刺身、海老シンジョ?天ぷら、握りずし、茶碗蒸し、後は覚えていない。あっちの席、こっちの席と動いていたから食べる暇もなくて、せっかくだからと食べたよ。お酒を飲まないので食べる方が気になる。

ここ、聖母幼稚園の横にあるすし屋は高校の時に学校に内緒でバイトした店。父親と当時のマスターが友達だったからこっそりバイトして、次の日の弁当代わりに巻き寿司を高校に持って行った。懐かしい。

当時、小学生だった息子さんが後を継いで立派にやっているみたいだった。

二次会があるらしかったが、酒を飲まない、歌えないではつまらんかなと、高校の時の友達のところへ。

宮崎滞在は4日の予定。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ