« 宮崎へ向かう飛行機と海の写真 | トップページ | 初めての高鍋大師 »

40年ぶりの中学同窓会

蚊口浜を散策した後、時間があるので宮崎交通のバスに乗ってみる。自分がバス通学をしていた頃に比べて極端にバスの便が悪くなっているのに驚く!人口が減ったのか、子供が減ったのか、車に乗る人が増えたからだろうか?バス停の位置も変わっているので降りるのにも戸惑う。

石井十次像の標識にしばし歩くと、

Dscn2334

ありました。郷土の偉人、石井十次は日本で最初に孤児院を創設した人物で「児童福祉の父」と言われ、社会福祉事業の先駆者です。詳しくはこちら

Dscn2339

昭和56年 宮本隆作

その後、変わってしまった町を歩きました。目的地は、津久見屋果實店。暑い日だったのでフルーツパフェをいただき少し話をしました。

津久見屋の横の尾崎慎氏の作品

Dscn2341

他にもたくさんの彫刻作品が増えていました。彫刻で町起こしらしい。素敵な発想、彫刻が好きな自分には次の里帰りも楽しみだ。

同窓会の会場は亭主が刺身が美味しいと言っていたおすし屋さん。同窓会は恩師がお一人と33人。すぐにわかる人、聞いてもわからない人、話をしている間に思い出すことが出来た人など様々。三重県四日市に住んでいる人がいた。一番近い人は名古屋にいるけど今回は不参加。

同窓会は成人式の頃に参加して以来でした。ほっとしたのが、小さくていじめていたN君がとっても明るく元気そうだったこと。

初恋の彼もいたけど、おじさんに・・・まぁ自分もおばさんになっているんだからと実感する思い。

近所だったMさんが席を代わって横に来てくれたのでおしゃべりに花が咲いて楽しかった。みんなおじいちゃんやおばあちゃんになっていて、孫の話も。羨ましいようなそうじゃないような変な気持ち。

Sn3s1084

写真は宴のあと。(笑) 刺身、海老シンジョ?天ぷら、握りずし、茶碗蒸し、後は覚えていない。あっちの席、こっちの席と動いていたから食べる暇もなくて、せっかくだからと食べたよ。お酒を飲まないので食べる方が気になる。

ここ、聖母幼稚園の横にあるすし屋は高校の時に学校に内緒でバイトした店。父親と当時のマスターが友達だったからこっそりバイトして、次の日の弁当代わりに巻き寿司を高校に持って行った。懐かしい。

当時、小学生だった息子さんが後を継いで立派にやっているみたいだった。

二次会があるらしかったが、酒を飲まない、歌えないではつまらんかなと、高校の時の友達のところへ。

宮崎滞在は4日の予定。

« 宮崎へ向かう飛行機と海の写真 | トップページ | 初めての高鍋大師 »

宮崎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/58307541

この記事へのトラックバック一覧です: 40年ぶりの中学同窓会:

« 宮崎へ向かう飛行機と海の写真 | トップページ | 初めての高鍋大師 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ