« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

久屋大通庭園フラリエ

Dscn4376

名古屋の中心部にあったランの館が閉館になって生まれ変わりました。久屋大通庭園フラリエ(ひさやおおどおりていえんフラリエ)といいます。「人々の憩いの場、交流・にぎわいの場」としてオープンしました。無料です。

写真は10月8日

Dscn4377

Dscn4380

Dscn4382

Dscn4384

Dscn4385

Dscn4387

Dscn4388

Dscn4391

Dscn4396

Dscn4397

Dscn4398

Dscn4400_2


Dscn4402


Dscn4404

Dscn4405

Dscn4407

Dscn4411

Dscn4412


Dscn4415

中吉小吉という実がまとまってなっていた紫式部。なかよしこよしと読むのかな(ショップで)ランが展示してあった空間はカフェになりました。花だけを見るのは少し物足りない。気の合う人と庭の花を見ながらのコーヒータイムは最高かしら・・・

藤井千秋展

Dscn4493

刈谷市美術館の藤井千秋展へ友達と行ってきました。

前に行った中原淳一展内藤ルネ展と同じ世代の人。

活躍始めたのが昭和25年くらいから、まだ生まれていません。が、活躍された時期が長かったようでその後、女学生の友などで見たことがあるのか思い出すものもありました。

Dscn4494

Dscn4495

Dscn4496

童話の挿絵も多く描かれていました。おやゆび姫や人魚姫など、絵の下に本が開いて展示されていたのでつい読んでしまいました。
童話は小さい頃によく読みました。

年配の方が多かったです。友達は、フレアースカートの絵を見ながら、お母さんが持っていたとか話してくれました。私は憧れましたが、着てたのかはっきり思い出せません。都会の年頃の娘さんは着たのかもですね。

Dscn4498

Dscn4502

帰り道の天白川の夕焼け

ジョウビタキ

Img_0257

自分で見ても何を撮ったか思い出せない。(笑) この時は探鳥会、2時間余りに確認できたのは18種類とか。
最初は、コサメビタキ、次は明るいところには珍しい鶯。周りではヒヨドリのにぎやかな声がしきりに聞こえる。カルガモ。羽を痛めて一年中いるキンクロハジロと飛来してきたキンククロハジロ。

Img_0263

Img_0260

ヤマガラ、カワセミ、混群でやってきたのが、シジュウカラ、コゲラ、メジロだったか?ハクセキレなど。

Img_0272


Img_0273

この怪しい鳥、かわいくありませんか?カルガモとアヒルの自然交配したらしいです。

Img_0275


目がいいでしょう!

探鳥会では声は聞こえたけどいうのがジョウビタキ。帰り道で、そのジョウビタキに遭遇。ラッキー!!!

Img_0282


Img_0282_2


Img_0283_3


今シーズン初見です。しばらく会えるのがうれしい、メスはどこかしら?

黄金色の田んぼと百舌鳥など

先週末のこと。小鳥に会いたくて鳥見に出かけた。緑区と東海市の境目の当たりまで自転車で。

1414116388089

まさに実りの秋。稲刈りの田んぼにはマネキンの首だけの案山子が面白かった。

Img_0235

野鳥がやってくるのはこんなところ。ススキやセイタカアワダチソウがある自然豊かな場所。

Img_0240

Img_0236

Img_0225

油断していたらすぐそばにいるからあわててカメラを向ける。

Img_0225_2

何枚かとったけどいまいちばっかり・・・・2枚目は上の写真をトリミングしました。百舌鳥かと思ったけど違うようです。ふっくらお腹じゃないし、顔も違うような?
もしかして、ノビタキ!そうなら初確認の初写真。
Img_0230_2

Img_0241

狙っていたのは、大きな声で高鳴きする百舌鳥 高い木の上でよく目立ちますが、遠すぎです。

トリミングしても↓の通り

Img_0241_3

近くに来たのは枝被り

Img_0231_2_2

Img_0249

Img_0244

Img_0251

Img_0255

1414116365541



里山の風景は、懐かしく心が癒されます。

つり花とマユハケオモト

Dscn4488


Dscn4490


Dscn4485


Dscn4486

マユハケオモト、何年も前に買って以来の開花です。毎年のようにカナブンの幼虫に根を切られて咲きませんでしたので、うれしい開花です。雨粒もきれい!!

Dscn4492


柿も色づいてきました。柔らかくなる前に干し柿を作ります。

外猫の避妊手術しました

8月24日に書いた「外猫は親子だけでいい 困っています」のその後です。

鼻が黒い猫はオス猫です。去勢した方がいいのは分かっていますが色々無理です。

で・・・雌猫。こればっかりは手術しない訳にはいきません。誰かやってくれないかしらと思っているうちに子猫が産まれるかもしれません。

先日通勤途中に白黒の本当に小さい子猫が親にはぐれたのか鳴いていました。こんなことにならないようにしないと、猫はますます嫌われるようになってしまいます。生きているだけで嫌われるのです。

先週行きつけの動物病院にTELすると、その金額に驚く。家猫ならいろいろの検査付きでも仕方りませんが、今回は手術するだけでいいのです。野良猫だからと安くはしてもらえないようです。猫を飼っている人に聞いたりしてみました。

中々大変なことでした。で、思い出したのが、行きつけの動物病院でお客さんに聞いた豊明の一人でやっているどうぶつクリニックのこと。早速電話してみました。電話口から聞こえる元気な先生の声に、信頼できると確信しました。単刀直入に価格を尋ねると、またしてもびっくり!!一泊二日でなんと三分の一だったのです。早速予約を取り昨日入院しました。

で、今日迎えに行ってきました。息子は出張中だったので気の毒に亭主が運転手。最初は餌をやるなと言っただろうとか言ってましたが、昨日、今日と行ってくれました。

Dscn4476

Dscn4478

この猫は素直に捕まえることが出来ました。3か月も手なずけて来たかいがありました。

Dscn4479

Dscn4484

トラ猫は根性がありました。思いもかけずに家の中を逃げ回り大変。それでもおばあさんは大事にしていたのでしょうか。人に歯向かうことはなくつかまりました。

家に帰ってくるとかごから出るなり逃げていきました。無事でいてくれたらもう来なくてもいいからね。もう1匹は逃げることはなく、少ししたら餌を食べました。

里親さん募集中です。

草間彌生 永遠の永遠の永遠

Dscn4454

今日まで松坂屋美術館で開催されていました。チケットは戴いたものの最初は関心がなく会期が押し迫ってから友達を誘ったんですが・・・

何と言っていいのか琴線に触れる絵が多数ありました。作品のタイトルを確認すると、命、心、愛に関するものでしたね。いいものを見せていただいたと思います。

Dscn4416

Dscn4417

Dscn4418

↓この作品は見たことがあるような気がして気になっていました。かぼちゃ!!

Dscn4420


Dscn4421


Dscn4419

触ってみたかったです。風船みたいなのかな。どうやって作るのか大きな作品でした。

こんなことしたり・・・

1412865927577_2

台風接近中の名古屋市です。大分風が強くなってきました。

今朝のコンビニは、珍しく閑古鳥が鳴いていました。3連休の最後の日、台風接近で外の仕事の出来ない、現場工事の人など、お休みのようです。もっとも接近する夜間に備えて昼寝もいいかなと。

写真は、今作っているミニポーチです。若い人にあげます。何やかにやと用事が出来て捗りません。でも完成間近です。

1412865898475

このアップリケ、パッチワークの世界では有名なスーちゃんとボーイフレンドのビリー君です。小さくて中々難しい。フェルトで作っちゃおうかと思うほどです。スーちゃんの靴おかしいので作り変えるか思案中。思うようにいかないのはすべての作業で(-_-;) 面倒くさがり、性格いい加減、根気が続かない。ハハハでもこんなことが好き。

ネタはあるのに、更新が滞っているんで少しづつ更新していきます。また遊びに来てください。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ