« 完熟パッションフルーツ | トップページ | 戦国時代最強の島津 NHK Eテレ »

2015年9月 8日 (火)

朝日の連載小説

朝日の連載小説
沢木耕太郎の新聞小説『春に散る』が始まって欠かすことなく読んでいる。沢木は読者を置いてきぼりにして、本人が進化したとか言われているらしいから、読めるか不安だったが毎日だから読めている。

沢木を知ったのは、ずっと以前のこと。ラジオで武田鉄矢が沢木を熱く語ったから。「負けた人間の事ばっかり書いて、付けたタイトルが敗れざる者たち」って。

それからは若い時の沢木耕太郎の作品を読み焦った。アジアを旅した『深夜特急』は最高だった。沢木耕太郎の若さ、行動力に憧れた。

いつの日からか、沢木作品が難しく感じるようになり読まなくなっていった。

今朝で157回。年老いたボクサーの話。沢木は、ボクシングの本が少くないし、映画の話も織り込んで得意分野が出てきて面白く読んでいる。

ジムの会長の言葉がとても共感できた。自分をどれほど追いこんでもよい。しかし、他人を追い込んではならない。-続く-

この言葉いいなぁ。

写真は美しい形になってきた多肉植物

« 完熟パッションフルーツ | トップページ | 戦国時代最強の島津 NHK Eテレ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日の連載小説:

« 完熟パッションフルーツ | トップページ | 戦国時代最強の島津 NHK Eテレ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ

中馬のおひなさん

  • 3772
    豊田市足助町で毎年開催される「中馬のおひなさん」 2006年2月28日撮影