« 花が咲きそうなブロッコリー | トップページ | 桑の葉が面白い »

満開の花桃の里

Kimg1331

南信州は阿智村の花桃の里に行ってきました。

名古屋に最も近い長野県かも。何かと行くことが多くなっている長野県。お世話になります。去年がサクランボ狩りでした。

二か所あるらしいのですが、今日はここだけしか咲いてないということでした。。日曜日とあって駐車場にすんなり入れず、入り口でバスから降りる。目の前に広がる花桃、桃源郷というだけのことはあります。

Kimg1332

Kimg1337


Kimg1339


Kimg1340

上の写真の竹細工は明かりを灯すようです。桜もまだまだ満開で鼻の競演素晴らしい。

ここでいう花桃とは、

 福沢桃介が、大正時代にドイツミュンヘンにあるシーメンス本社に水力発電研究と水車タービンの商談に訪れた際、庭に美しく咲いていた三色花桃(学名:Prunus Persica)に魅せられ、記念に三本の苗木を日本へ持ち帰ってきたもので、 大正11年に桃介と貞奴が木曽川須原発電所の竣工記念にと花桃の植樹をした事から始まったそうです。

もう10年以上前だったか、一番初めに見た花桃は、南木曽の桃介記念館でした。同じ木に三色の花が咲く不思議。

福沢桃介は、福沢諭吉の娘婿で、偉大な実業家。この地にとって桃介は重要な存在です。いろんなエピソードがたくさんあります。

朝市で、こごみを買いました。宇陀の、又兵衛桜を見に行った時に初めて見て、買って、そして初めて食べましたほかの人は、乾燥エノキタケや蕪など思い思いに買いました。

木曽ホテルの、人気バイキングが待っているので食べ物はさすがに控えました。

Kimg1341


バイキングの美味しかったことは言うまでもありません。全種類食べたかったんですが到底無理でしたね。(笑) しらすの入ったピザは絶品。信州そばやら何やら信州の食はいいですね。

中山道の、妻籠宿、馬籠宿に続きますが今日はここまで。

« 花が咲きそうなブロッコリー | トップページ | 桑の葉が面白い »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/65190173

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の花桃の里:

« 花が咲きそうなブロッコリー | トップページ | 桑の葉が面白い »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ