« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月28日 (火)

鎌ヶ岳の植物

鎌ヶ岳は花の山というほどではなさそうだが、たくさんの植物を見ることが出来た。

登り始めた三ツ口谷には藤の花がまだ咲いていた。

Dscn2185

花は終わっていたが、カンアオイやヒトリシズカ、ショウジョウバカマ。

Dscn2207

ドウダンツツジ 

Dscn2186

サンキライ

Dscn2202

山つつじ

Dscn2208

ベニドウダン

Dscn2230

遠くてわかんないんだけど、もしかしてウワミズザクラ

Dscn2224

Dscn2203

イワカガミは、下の方では花が終わっていたが、登るにつれて花が残っていて可愛らしさに見入ってしまった。

Dscn2250

可愛らしい実がなって地面を張っているのは?

Dscn2217

芽が出て伸び始めたアキノキリンソウ?

岩場で育っている様に感動を覚えた。

咲いている黄色い花が見たいものだ。

タツナミソウやギボウシなど。

鎌ヶ岳は最後の急登が登れなかったが、御在所岳なら登れるよと教えてもらった。

実際は難しいかもだけど、筋肉痛にもならずに済んだので行けるかも。 

PS

頂上まで登ると、シロヤシオ、春リンドウ、石楠花もが見られたそうだ。

ここんところだけは悔しい。

野鳥は声はするけど、若葉が伸びて確認できずでした。

(-_-;)

2019年5月27日 (月)

初めての鎌ヶ岳登山

日曜日に鎌ヶ岳に行きますが、いかがですかとメールをもらった。

御在所に誘われたとき一度断っているので今度断ると次はないだろうなぁと行くことに。

四日市から菰野まで高速が伸びたので1時間を切って行けるようになった。

出発は6時50分。

誘ってくださったご夫婦ともう一人山歩きのベテランさんと4人。

8時位から登り始める。

藤の花が迎えてくれる。

Dscn2190

白い鉄塔は御在所岳のケーブルカーのもの。

Dscn2191

最初の滝。

岩だらけ!

Dscn2198

次の滝。

このころはそんなに苦しくはなかった。

川沿いに登って行った。

Dscn2211

ここからは尾根を歩くことに。

案内してくれる人に、ベテランさんが歩きやすいコースでねと何度か声をかけていた。

まるっと、初心者の私、ありがたい。

Dscn2212

Dscn2213

見晴らしのいいところまで登ってきた。

時間は9時40分。

書き忘れたが、鎌ヶ岳の標高は1161m。

諦めた場所で1000m位かな?

車でかなり上がってきて登り始めが三ツ口谷。

実際に私が登ったのは標高400mだろうか?

ここまでに心臓破りの急な坂をいくつも通ってきてこの先はもっと急だと聞かされここまでとする。

ベテランさん2人はこの後、頂上まで1時間かかって登ってみえた。

Dscn2241

長石尾根まで旦那さんと戻り、その辺を散策。

その間にコーヒーを入れてくださって、二人をまった。

11時30分くらいに合流。

コーヒーと一緒に昼食を。

Dscn2244

川に沿って下山。

Dscn2246

滝がいくつもあって絶景。

上の滝つぼは大きな一枚岩。

途中には柱状節理も見られた。

前を行く若者について行くが、絶壁が下りられなくなって3人で引き返すところもあった。

絶壁が好きだという誘ってくれた人だけ若い人と一緒に行かれた。

回り道でも結構急なくだりは続いた。

なんだか腰にきそうで大股で降りないように気をつけた。

2時前には下りてきたのかな?

2019年5月22日 (水)

三井寺と近江八幡の堀めぐり その2

三井寺の散策の後、おいしい昼食を済ませて鮎屋の里へ。

三井寺は琵琶湖の南、地図で言うなら下の方ですから、草津の方へ行くのかと思っていましたが、違っていました。

坂本へ向かい、雄琴温泉を抜けて堅田、琵琶湖大橋を渡って、野洲にある鮎屋の里で20分のトイレタイムと買い物。

琵琶湖の特産は小鮎。

佃煮などが並んでいました。

よだきぼママは、お土産に鮎の甘露煮(大きかったので琵琶湖産か?)と味噌あえにする麩を買いました。

いよいよ、近江八幡です。

近江八幡は、豊臣秀次の作った町です。

バスの駐車場から離れていたので、帰って来れるか心配になった運転手さんが道案内を。

でも。運転手さんは近江八幡は初めてということでした。

私のほうが詳しいかも、3回目ですから・・・。

運転手さん、タブレットを頼りに案内してくださった。

 

時間があるようなそうでないような中途半端な行程なのでゆっくりコーヒーを楽しむことになりました。

時間が来て、船巡りの始まり、15人なので二艘に分かれて乗船。

運転手さん自分で交渉されたようで一緒に楽しまれました。

35分で1000円。

映画の撮影がありましたと、女性の船頭さんの話。

その昔、田村正和も着流しで撮影に臨まれたのかなとか想像をたくましくして楽しみました。

水面から望む景色言うことありません。

Hatimanbori2

 

Hatimanbori4

 

Hatimanbori5

 

Hatimanbori3_1

 

Hatimanbori8  

 

笑いが絶えなかった堀めぐり。

途中、釣りを楽しむ子供に魚をもらって喜ぶ猫さん。

帰りには釣果のバケツを覗いてましたが、叱られてもうスピードで逃げ出した猫さんの慌てぶりに大笑い!

船から降りて、運転士さんに連れられてバスに戻りました。

行くときは、名古屋港のレゴランドや長嶋スパーランドを通過し、四日市から新しくつながった高速を通り亀山、大津へ。

帰りも同じ高速を通る予定でしたが、運転手さんの機転?で八日市から高速に乗り、養老でトイレ休憩。

小腹が減ったので、コロッケやらはんぺんの揚げたのやらを食べました。

さぁ、あとは名古屋へ。

今回の運転手さんとは長い付き合いになりました。

が、人気者で指名が難しくなっていますので、ご本人に、いつ予約したいいのか尋ねると来年のことは鬼が笑いますよって。

笑われてもいいから即予約したい気分です。

変わらない笑顔と変わらない体型に癒されました。

予定通りに無事に名古屋へ着いたのは18時30分。

*****

来年は、フルーツ狩りがいいという希望がありました。

めろん?

いちご?

ブルーベリー?

もう一度サクランボ狩り。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

2019年5月19日 (日)

三井寺と近江八幡の堀めぐり その1

よだきぼママのブログ、久しぶりの更新です。

アクセスして頂きまして有難うございます。

*****

1年振りの元女性会のバス旅行行ってきました。

天気を心配しました、前日の予報では曇り、降水確率も低かったのほっとしたのですが・・・

自然豊かな滋賀県、大津市の三井寺。

雨に降られました。売店で慌てて傘を買う人多数。(笑)

境内は広く階段も多かったのでそこそこ大変でした。

拝観料は600円。

室町時代や鎌倉時代の秘仏が公開されていました。

閻魔大王の説明が、聞こえてきて、お世話になりますからねって。

そうだわねと思いましたよ。

Photo_22

とても音のいい鐘だそうです。

Photo_23

三重塔、とても古く、1600年代移築したそうな?

記憶が怪しいかもです。

気になるお人は三井寺のHPを検索お願いします。

新緑のもみじが美しかったです。葉っぱが小さいからと説明されてました。

三頭身の童像もユニークで可愛らしかったです。

『るろうに剣心』や『武士の献立』が撮影された場所だそうです。

Huugetu

昼食は三井寺の入り口にある風月でいただきました。

ご飯(湖北のお米は美味しいと聞くが)もおかずもとっても美味しかった。

赤いこんにゃくも・・・

大津から坂本を通り、琵琶湖大橋を渡って、鮎家の里でトイレ休憩と買い物。

生憎の天気で琵琶湖の色も冴えないのが残念でした。

堅田から近江八幡へ。

㎰ ブログを書いてるうちに日付が変わってしまいましたが5月18日㈯のことです。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ

中馬のおひなさん

  • 3772
    豊田市足助町で毎年開催される「中馬のおひなさん」 2006年2月28日撮影