故郷

話題は尽きない同窓会

ミャンマーでのボランティアは日本語を教える活動だったそうです。一年に一人が3か月お寺で教えるんだそうです。教えた経験もなく、外国語も話せないので、日本語で日本語を教えるのは並みの苦労ではなかったそうです。アニメを使って日本語をと考えられて、鉄腕アトム、ドラえもん、サザエさんを持って行ったと話されました。

ドラえもんは笑ってくれるとか。でもサザエさんは少し難しくて、鉄腕アトムは理解できなかったとか。日本では有名な宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』も理解してもらえなかったそうです。

私たちは普通に日本語を話していますが、ひらがな、片仮名、漢字を使って話したり書いたりできるのは本当に素晴らしいと。ひらがなや片仮名は英語などのアルファベット同じようだけど、漢字は読み方がいくつもあるし、ものの数え方など、1本・・・6本(ろっぽん) あるいは1匹・2匹・3匹(3びき)・・・・6匹(ろっぴき)など変化があり、教えるのも、覚えるのは難しい・・など具体的なたとえを交えてわかりやすくお話しされた。

特に面白かったのは、お母さんたちのおしゃべりが子供たちの日本語教育に欠かせないんだ見たいなことを話されたこと。それまでは女は無駄話ばっかりと思われていたのかな? 現在のミャンマーを知るうえでとても大事なことを話してくださった。

〆は校歌と応援曲の合唱です。歌詞をしみじみと感じて歌いました。本当にいい歌ですね。

校歌


鳴海が丘に濤寄せて 文化の華の咲くところ
緑の松に影映えて 誉はしるく世にかおる
象る姿 真善美 これぞ我等の理想なる

天籟妙に清き園 高き啓示に目覚めつつ
自由の空に翼張り 自信の駒に鞭あげて
北斗を指して一筋に 栄ある使命果たさなん

無限の岸に我立ちて 移り行く世を思う時
思想の潮は荒るるとも 躍進の意気胸に燃え
暗の醜雲打ち払い 真如の眼開かなん


尾鈴の山の黎明に 清雪の色鮮やかに
濁世の迷 覚まさんと 競い立ちたる若人の
正気溢るる古城の地 見よ 渾身の血は躍る

二次会も例年どおりにありました。宮崎からいらした、今年のOB祭の実行委員のお一人はカウンターの中でも大活躍。宮崎は飲み会が仕事の上でもとても大事だからか、実に素晴らしい心配りでしたよ!

この席では、宮崎の歴史を勉強しているという人がいました。宮崎県出身とわかると、神武天皇は、美々津から船出するまでどこに居て、どこを通って、美々津に行ったのだろうと聞かれるそうです。言われてみると、????

だいたい神武天皇はどこに住んでいたのでしょうか?宮崎県北部の高千穂かあるいは鹿児島県との県境の高千穂の峰なのでしょうか?日向の美々津から船出するのですから、高千穂峡のある県北かなと思ってみたり・・・

ラグビーの話も、野球の話も盛り上がりました。日向言葉が混じるのが何とも言えませんね。

来年も名古屋支部同窓会をよろしくお願いします。

宮崎県が口蹄疫終息宣言

発生から4か月 長かったですね。

東国原宮崎県知事のブログはここです。知事の支持率今でも90%を超えているんですね。凄いわぁ。 

でも 都知事選出馬の報道もされていたけど・・ さぁ どうなるのか心配。 今の宮崎を盛りたてて行けるのは東国原知事しかないように思えるけど・・・ 

頑張れ! 宮崎県!

Dscf0710

Img_0482

今日の花は垣根様の朝顔 (中々渋いいい色だった)と ギボウシ

宮崎はどうなるの?

20100529higashi 宮崎の危機 東国原知事 今朝の宮日webの写真

口蹄疫が終息したら 宮崎には 児湯郡には牛の鳴き声も、山羊の姿も、もしかしたら猪さえいなくなるんだろうか? でもそんなニュースは流れない。

発病した牛がいたのに報告しなかったというニュースが流れるばかり。一部では報道規制されているというのもあったようだ。名古屋では気にしていても口蹄疫のニュースは少ない。何故?江藤拓が質問した時にマスコミの姿はなく、国会議員の罵声?が続いたのだろうか!

このままでは本当に宮崎の畜産も園芸さえも廃れてしまうのだろうか?。そんなことはないと思うが畜産農家にとっても、園芸農家にとっても再生の道は厳しいだろう。

ふるさと便り 西都原古墳群

めろんさんからの写真は大きなサイズでたくさん送られてきました。感謝です。帰郷しても用事が多かったりで中々観光はできませんから嬉しい便りです。

気になっていた、邪馬台国だったらいいなぁと思い続けている西都原古墳群。写真は有名な鬼の窟です。

Miyakonozyoumiyakonozyou_069 Miyakonozyoumiyakonozyou_071

鬼の窟古墳(206号墳)(おにのいわやこふん)

西都原古墳群内で唯一、埋葬施設に横穴式石室を採用している古墳である。鬼が一夜で造りあげたとする伝説が残ることが名の由来となっている。石室入り口付近に生えていた楠により石室崩壊の危機にあったため、解体修復作業が行われ、その際同時に発掘調査が実施された。石室内の水を排出するための暗渠の存在や土塁が完全に古墳を一周していたこと、追葬が行われていたことなどが明らかとなった。古墳の周囲に土塁を巡らしているのは中華人民共和国・朝鮮半島ではよく見られるが、国内では石舞台古墳が類似するのみで、関係が注目される。  『ウィキペディア(Wikipedia)』より

Miyakonozyoumiyakonozyou_066

これは171号墳 171号墳は女狭穂塚の陪塚と言われ西都原古墳群で唯一の方墳です。一辺25m高さ4.5mで二段築成されています。墳頂平坦部は円筒埴輪列が取り囲みその内部に家形埴輪や盾形埴輪が列をなして立てられていました。しかし内部に人を葬った跡は見られません。第一次調査大正元年12月から翌年1月・平成10年から平成12年祭発掘調査整備されました。墳丘の表面は川原石(葺石)で覆われています。

他にも男狭穂塚(おさほづか)・女狭穂塚(めさほづか)があり、男狭穂塚は日本最大の帆立貝式古墳です。 ニニギノミコトの御陵と伝えられています。 男狭穂塚は5世紀初頭に建造された西都原古墳群中最大の古墳です。

女狭穂塚は九州では珍しい畿内式前方後円墳、九州最大の前方後円墳です。 コノハナサクヤヒメの御陵と伝えられています。

くわしくはこちらからどうぞ!

この西都原古墳群は、春は菜の花が咲き乱れ、今から季節は一面のコスモス畑が広がる。

それにつけても青い空によく似合う緑の古墳群!

Miyakonozyoumiyakonozyou_074


故郷の風景

昨日 ど真ん中祭りの鳴海会場から帰って(帰りは一時間に一本しかないバスで・・・それも10分以上遅れてた)、あーぁ 暑かったなぁと思っている頃にメールが届いた。

めろんさんから どーこだ! という写メールでした。

それはこの写真。わかりますか?

Photo
高校の同窓の人ならわかるかもですね。

石河内を見下ろす展望台から見た、武者小路実篤が妻房子と作った理想郷、日向新しき村です。

日向新しき村のことを武者小路実篤は『土地』に書いています。

後ろの山が霞んでいい感じです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

武者小路に新しき村を案内したのが、津江市作氏です。当時の村長だったかな。101歳?まで生きた津江市作氏は村葬になりました。当時は小・中学校の間に講堂がありそこでの葬儀だったと思います。学校に行く時に横を通った記憶がありますから。

津江市作氏の思い出を彫刻家の田中等氏がこちらに書いています。こんなこともあったかもしれませんね。土葬だった昔は、新しく墓穴を掘ったら、遺骨が出たという話はよくありました。

取りとめが無くなってきましたが、土葬だったころは、埋葬した後に棺桶が腐って地面が落ち込むのですぐに墓石を建てることはなく、木でつくった祠のようなものを作って置いてあった。中には金銀の色紙などきれいだった。

今では火葬になったので、墓石も一家で一個になって骨を納めるようになったようだ。先年亡くなった父親は、墓石もなくお寺に収められている。今は直接お寺で供養するようになって来ているらしく、父親と同じ時期に亡くなった、従兄もお寺で眠っている。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

めろんさんには、西都原古墳群の写真をお願いしてあるんですが、趣味でないのか中々届きません。(笑)

めろんさん、ふるさと情報ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

PS 日向人さんはまだ行ったことがないそうですが、現国のsasayama先生がいっつも言ってたね。 あー たまらんあなぁ と!その石碑をメロンさんが送ってくれました。

また こっぱずかしいと言うかな、メロンさん!

Image1036

難しき時代新しき村

今日は、端末 Robot/Tool は来なかったようだ。訪問くださったたくさんの人、有難うございます。

今朝の朝日新聞に、武者小路実篤が大正時代につくった理想郷、新しき村が特集されていた。

今も続いているんです。「新しき村」の名に聞き覚えのある人は、驚かれるかもしれません。それは、「仲良き事は美しき哉」の言葉で有名な武者小路実篤が、大正時代に始めた農村共同体。仕事はみんなで分担。余暇はそれぞれ趣味を楽しむ理想郷をめざして90年。高齢化は進むものの、村には静かな時間が流れ続けているんです。

実篤は、戦争を避けて最初に宮崎県木城町に日向新しき村をつくった理想郷。この時の苦難は『土地』に詳しく書いてある。時の村長、津江一作との関係、いきさつなども合わせて、興味深いことが書いてある。

のちに埼玉の毛呂山町につくった新しき村に行ってしまったが、どちらの新しき村も今も続いている。

よだきぼママが石河内(いしがわち)に新しき村を訪ねたのは、子供が小さい頃だった。まだ 実篤の先の夫人房子さんが、まだ存命中だったが、心の字に掘った池に水はなかった。青年団が訪ねても会ってもらえる人そうでない人があったらしい。この頃はすでに体調が悪かったのか・・・。

木城の中心からは、いくつもの山を越えて行かなければならない。最後の山を降りる坂の途中に

山と山とが賛嘆しあうように
星と星とが賛嘆しあうように
人間と人間とが賛嘆しあいたい

の石碑が建っている。高校の現国の担任は、よく通る声で歌っては、たまらんなぁ・・といつも感激していた。この通りに実現出来たら本当にに素晴らしい。理想郷そのものだったろう。

今も住み続けているのは、松田省吾さんとヤイ子さん。高齢になった房子さんと再婚した杉山さんの面倒をみるために、76年に日向に移り住んだ。

町の高城に住む吉田医院の元院長は、二人の最後を看取った。吉田先生が書かれた本や、阿万鯱人著『一人でもやっぱり村である』に詳しいが、今、手元にないのが悔やまれる。

新しき村の公式HPはこちらからImg_6075

木城(宮崎県)の焼酎

  朝から焼酎という話題もどうかと思わなくもないが、よだきぼブログのキーワードを検索していて 木城 ⇒ 木城町の酒屋にて にたどり着いた。

アルコールは飲まないが、焼酎の研究をしている人なのか面白いので リンクしてみた。こちらから。

この酒屋はよく知っている。先代にあたる?おばあちゃんに、雨が降り出すと、バスで帰りたくて10円、(子供だったから5円だったかも)貸してと頼んだ。貸してくれるんだが、気難しおばあちゃんだった記憶もある。3キロも雨の中を歩くより、やっぱ バスのほうがいいよね。

それは置いといて、好まれる焼酎の変化に驚いた。子供のころは、寄り合いでも葬式でも何でも、高鍋の黒木本店の橘に決まっていた。時には隣の川南の 都の泉 だったかな。

黒木本店のたちばなが飲まれなくなっているというの驚いたし、都の泉は今年3月に廃業というのにも時代の変化を感じた。

そして Index から 焼酎topへ。

絶版焼酎を集めたり。焼酎を飲まなくても楽しめそうだ。

「南の風」 掲示板 2代目  これはこれは うちの亭主も喜びそうな掲示板だな。ははは!(●^o^●)

高鍋のゆるキャラ 全国デビュー???

 今朝、朝日テレビ系列で、東国原知事と一緒に、ふるさとのゆるキャラ「たか鍋大使くん」がテレビで紹介された。変と言えば言えば変だけど、「たか鍋大使くん」は、高鍋町持田にある高鍋大師に由来するらしい。Sa3a0102_3 

高鍋の鍋料理を宣伝するために、作られたとか。宮崎日日新聞の記事はこちらから。写真がいまいちなので宮日webから借りようっと・・。200811261227678020

たくさんの顔は気配り、目配りをということらしい。

 持田古墳と高鍋大師・・・詳しくはこちら 高鍋町在住の彫刻家田中等氏のブログから。

わ~い ふるさとの歴史は凄~い

 夕方ポストを見ると分厚い封書が入っていました。なんだろう・・・長浜城からは今月の案内は届いているし・・・古代遊学会にしては厚みが違うし、と思ってみると、ふるさとの社会教育家のひむか男さんからです。

 中身は待っていた「高城の合戦を語り合う会」の資料と他にも興味深い資料です。このときの様子は日日新日記のここです。感謝です。

  落ちなかった高城ということは知っていても最初に嬉しかったブログは リンクしてある お寺さんぽ Ver 3 破竹の大友勢・抵抗する山田有信 「耳川合戦」2 とそれに続く 炸裂!釣り野伏! 「耳川合戦」3 だったのです。自分の故郷のこと知らないなあと思いながら、よくも調べて書いてくださったと思ったものでした。

 このブログに書いた戦国時代の高城の合戦1  2  3 4   の資料を一部をふるさとからもらいました。 今回の資料にもあるかもしれません。興味が深まります。

 天正13(1585)年に、作られた十一面観音像も残っていて、町の文化財になっているとか・・・じっくり読みたいです。

Dsc04548

城山公園にペンキでいたずら!

 こころない人はどこにでもいると分かっていても腹立たしいことはある。今日のMIYANITI e PRESS 地域の話題 (宮崎日日新聞web版)から

2007年6月17日

 木城町のシンボルである城山公園のメロディー時計台が、ペンキでいたずら書きされるなどの被害に遭っていたことが16日までに分かった。公園を管理している町企画課職員は「町の顔でもある施設にひどいことをしたものだ。本当に残念」と落胆している。

200706170202_1_1 町企画課によると、14午前10時ごろ、公園管理に訪れた際に発見。時計台の床や階段にベージュや黄色の水性ペンキで「海がみたい」「鬼」など意味不明の落書きがされていたほか、明かり取り用窓のアクリルガラスも数枚割られていた。駐車場とトイレも同様の手口でいたずらされていた。今後、塗装業者などに依頼し、修復作業に当たるという。

【写真】ペンキで落書きされた城山公園のメロディー時計台

 名古屋市に住んで30年以上になるが、自分を育んでくれたふるさとはいつまでたっても気にかかる。 城山は歴史が刻まれた町の顔でもあり、桜祭り・遠足その他思い出深い場所でもある。そんな大事なところにひどいことをするもんだ。

愛知県在住のお城が大好きなちえぞーさんのブログはこちらから。宮崎の城跡が紹介してあります。

今日の花はルリマツリです。白花はハンギングになっています。蕾は出てきましたが咲くのはもう少しかかりそうです。そのうちまた。それとニワハナビ、ほんとの線香花火みたいに可愛い花です。植えてあるのではなくて雑草ですが、愛らしい花に誰も抜けません。オシロイバナも咲き始めました。Rurimaturi_1Niwahanabi Osiroibana 

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴