イベント

RX‐78‐2 GUNDAMと静岡おでん

青春18きっぷが一枚残っているので使っていいよと・・・

行先を色々悩んだのですよ。西の神戸は長田駅の鉄人28号にするか。東に行ってガンダムを見るか。いくらかでも気温の低そうな静岡県に決めたのは昨夜でした。

今朝大高駅7時17分の普通列車に乗りました。まず刈谷駅で快速浜松行きに乗り換えて、浜松駅で普通列車静岡行に乗り、最後に静岡駅で興津行きの普通列車に乗り飼えて東静岡駅に降りたのが10時5分。通常運賃は2940円。

浜松までは良かったんですがそれからは通勤用のロングシート、一応座れましたがお客さんの多いこと。

東静岡駅とてもきれいな駅でした。動く歩道が設置されていました。それほど広いコンコースがありました。ここからガンダムが見えるのでみんな撮影を始めていました。

Img_0764

10時からなので思ったほど混雑はしてなくてホットしました。撮影しながら歩いて行ってもすんなりさわることのできる列に並べました。

Img_0771

立派なガンダム RX-78-2. GUNDAM  ガンダムは30周年・・・わが長男は35歳、まるっとガンダムで育ったようなものですか? そう 二男は33歳ですからね。

Img_0774

Img_0775

並んでいる途中2分間ガンダムの頭が動きました。おもろい!!その後大きな足に触ることができました。ほんとに大きい足でした。

Img_0778

Img_0781

Img_0790

Img_0789

Img_0800

会場では静岡の美味しいものが並んでいて見ているだけでも楽しかったです。何を食べようかと本当に悩みました。気になったのは、浜松餃子、富士宮の焼きそば。ガンダム・カフェも気になりますがすでに並んでいます。(さすが人気があります)

こんなのもありましたよ。気になるんですが、静岡おでんをいただきました。5種類入っていて500円でした。高くも安くもありません。真黒なおでんはしょうゆ味でイワシの削り節と青のり粉がたっぷりかかっていました。

色が黒くてからそうですがそんなことはありません。美味しかったですよ。スジは柔らかく、黒はんぺんも中々でした。あと、鳴門巻きとこんにゃくとたまご。

ガンダムを見ながら1時間くらい遊びました。このあと静岡県立美術館に向かいました。

競艇場でやきもの祭り

来週の23日と24日に常滑の競艇場で やきもの祭りがありマ━(*´∀`)b━ス!!
ぜひぜひ 遊びに来てみてください!!
仲間10人と一緒に出しています
みんな一癖も二癖もある人たちで 紹介します(>ω<σ)σYO!!

とメールが届いた。競艇場か、興味ないこともないな。常滑競艇場は外から、名古屋で行われたデザイン博の時に展示された大きな大きな招き猫のやきものを見に行ったことがある。競馬場には一回だけ行った。真ん中が田圃になっている笠松競馬場。名古屋に来たばかりの頃の話だから、もう30年以上も前のこと。蓮華の花が咲いていた。

http://www.toko.or.jp/maturi/maturi.html

 競艇場ね・・・行こっか!! その前に関ヶ原のサマーシンポジウムに行かなきゃ。インド大使館の人も見えるそうだから・・・。

関ヶ原のサマーシンポジウム

 23日(土)10時から受け付け
       11時か11時半に式典開始
       12時20分からクロージングセレモニー(軽食ありだって)

 場所は JR関ヶ原駅 すぐ 北側の 関ヶ原製作所

 問い合わせは
株式会社 関ケ原製作所: TEL. 0584-43-1212
E-mail. info@sekigahara.co.jp
URL.
http://www.sekigahara.co.jp
せきがはら生活美術館: TEL. 0584-43-1292

400人で作るというどろせんべいはどうなったんでしょね。気になります!     

安城の七夕まつり

 蛭川の帰りに、金山に戻ってきたのが6時。明るかったのでそのまま家に帰るのが惜しくて、行き先を考えた。

 岡崎は1万5千発の花火大会安城は七夕まつり (安城は日本3大七夕まつりといわれている)をそれぞれやっている。持っているきっぷは、土日使える 青空フリーパス。もし、名鉄の切符が手元にあったら、躊躇なく岡崎に行っただろう。が、JRの切符だから安城へ行くことに。快速電車で二駅。

 電車もかなり混んでましたが、駅はもっともっと賑やかでした。駅員さんが帰りは混みますので、切符をあらかじめ買ってくださいと。切符売り場はすでに長蛇の列でした。

Anjyou4Anjyou1 きれいに飾られた駅前には願い事を書いている若い人があり、飾った短冊がありました。安城駅の構造はかなり面白く高架駅から続いている駅前広場があり、その下でカラオケコンテストや踊ったりしています。若い人がとても元気です。Anjyou3 Anjyou7 Anjyou5 Anjyou8 Dsc00278 Anjyou2

 駅前から続く商店街を歩いて写真を撮っていたが、暗くなってピントがあわせにくくなったので帰ることにした。原則的にフラッシュは使わないので・・・・。駅前は変わらず混んでいる。切符を買う列はもっと長くのびていた。ホームも人が増えている。岡崎に行くのか、自宅へ帰るのか・・・まぁだ7時前です。夜はこれからです。遠くで大きな音が聞こえる。まさか岡崎の花火はきこえないよなぁ・・・。Anjyou6 Anjyou11

 大高駅に降りると大きな音は雷だとわかる。一瞬明るくなるがそれだけで空を飾る光はない。大高駅で知立名物 大あんまきの白餡2個とチーズを2個買って帰る。家に着いてすぐに大雨が振り出した。今日もいい日だった。

七夕祭りは8月5日 今日まで!

 蛭川報告は次回・・・。

明日から 蛭川の石彫のつどい

 朝から快晴。ただ湿度は高くってじっとり蒸し暑い。夏の太陽は嬉しい。この暑さもまだ我慢できる。

 明日23日から、岐阜県蛭川村で石彫のつどいが始まります。 中津川市蛭川の石材業者と国内外の彫刻家がペアとなり、『墓石』と『モニュメント』の2つの部門で石の端材から作品作りに取り組む『第17回 石彫のつどい』(同実行委員会主催)が7月23日(月)に開幕しますこちらのホームページより 

存じ上げている彫刻家3名、竹内淑浩氏・加藤正行氏・尾崎慎氏が参加されるようだ。見に行くなら最終日がいいそうだけど、最終日では宇宙人みたいな格好での作業はみれないだろうなぁ。実際に彫っているところも見てみたいなぁ。さてさてどうしようかな。

 今日は 仔猫。 下の写真はノラ時代。里親が決まってしつけの真っ最中のトラ猫 こはる ・シャムもどきは はるみ。 そうそう家政婦は見たのあの猫の名前だそうです。Koharu1Harumi2Harumi1

Koharu

花火大会 米津・川まつり

花火大会に行ったちゃがや、ひとんおおいつんたまげた。花火もまこつ、きれいな花火じゃった。ぎょーさん人がおりゃちかい、てぇげ、ひんだれた。

花火大会に行ったら、人が多くて驚いた。花火も本当にきれいな花火だった。たくさんの人がいたので大変疲れた。

 米津・川まつりが8月15日にEzuweb西尾市の矢作川河畔で、行われた。西尾市に行くのは3回目ですが、花火は初めて。楽しみです。

  その前に、西尾市資料館を訪ねる。常設展は『西尾城とその時代』企画展示は『昭和の風景』をやっていました。懐かしく趣のある建物が多かったなあと思う。西尾城再建計画があるというので、学芸員の方に聞いてみると、募金が予定の三分の一しか集まHonmaruっていないとのこと。掛川城のように再建したいとのこと。再建される日が早く来るといいですね。写真下は本丸丑寅櫓。旧近衛邸でお抹茶と和菓子をいただく。300円でした。広ーい空間で、優雅な時を過ごす・・・・。地図はこちら。

 花火大会。友達ご夫婦と友達のご両親と。皆、足が痛いとか、腰が痛いとか言っているので、早めに行って場所取りをします。堤防のふちっこ、足が伸ばせるところに決めました。

0815hanabi2日差しが弱くなっていい加減です。途中雨を心配しましたが、雨天決行です。川下で、風上なので良いかなって。花火の風下は煙がすごいですからね。今年は人が多いということで、花火が始まる頃には、堤防道路も、折りたたみのいすを持った人、座椅子の人など歩けないほどの人また、人です。

0815hanabi3_1 ゆかたを着た若い人が目立ちます。男の子もけっこう着ていました。あぁーだこうだと、昔の若者?が言いたい放題。今の男は女の子にサービスし過ぎとかね・・。

 露天もたくさん出ているので見物に行きます。キャベツを切っているお兄さんがいてね、0815hanabi4 キャベツの黄色くなった葉っぱも刻んでいたのでびっくり。でもね、きっと、誰もお腹痛くならないよって言って笑ってしまいました。花火も、大きな音といっしょにに楽しみました。

 名古屋みなとまつりでも思いましたが、色が増えました。青・緑など。上がった花火が回0815hanabi 転するなど工夫がいっぱいです。空中でハートに広がったり、渦を巻いたり、見事でした。 帰りは平坂まで友達のご両親を送っていって、一休みしました。もういいかなって、帰途についたら、まぁーだ、歩いている人がいて驚きました。そんな感じなので、車も渋滞していました。楽しい一日帰り着いたら、11時でした。来年も行きたい!!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴